令和2年度 東京ベイ・浦安市川医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 753 200 371 629 838 984 1127 1842 1533 351
当センターの役割として「高齢化への対応」「小児医療」「救急医療」「周産期医療」を挙げていることと病診連携を開院当時から強化していることにより、退院(入院)患者層においても0歳~9歳並びに70歳以上の年齢層で割合が高くなっているのが特徴です。新生児から後期高齢者まで、「地域の絆」をモットーに地域の皆さまの健康を守ります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
総合内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 88 11.86 13.00 9.09 72.51
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 61 18.75 20.51 13.11 84.75
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 41 16.59 17.23 9.76 82.63
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 28 29.43 32.44 21.43 72.39
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 26 5.31 4.94 3.85 66.92
総合内科は病院全体で3番目に入院患者数が多い診療科です。高齢者の発熱の原因となる尿路感染、誤嚥性肺炎、敗血症などの感染症が上位を占めています。3番目の心不全は心臓の動きが低下し体に問題が起こっている状態を表す疾患です。5番目の前庭機能障害とは前庭機能が低下し、バランス感覚に影響し転倒などしやすくなります。
総合内科は各種専門内科と併診する形で診察を行っています。併診数も合わせると、狭心症・慢性虚血性心疾患605件、心不全308件、肺炎286件、不整脈疾患243件、閉塞性動脈疾患242件、小腸大腸の良性疾患・良性腫瘍211件、急性心筋梗塞184件、胆管結石・胆管炎150件、慢性腎不全・慢性腎炎86件等、数多くの疾患を診ています。
高齢の患者さんも多く、アドバンス・ケア・プランニングや多職種カンファレンスを積極的に行い患者様の想いに沿った方針決定ができるよう努めています。緩和ケアチームと連携し終末期患者さんへの緩和治療も行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 155 2.19 2.66 0.00 66.57
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 80 9.64 9.53 2.50 72.13
060140xx97x0xx 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 41 9.61 10.83 12.20 69.56
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 28 8.36 8.11 0.00 74.79
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 23 7.74 7.74 4.35 67.04
消化器内科は病院全体で4番目に患者さんが多い診療科です。食道・胃・腸から肝臓、胆嚢・胆管、膵臓などの疾患に対する治療を行っています。
1番目の「小腸大腸の良性疾患」は大腸ポリープ切除術(EMR)です。2番目の「胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等」は胆管結石に対する内視鏡的乳頭切開術や内視鏡的胆道結石除去術、内視鏡的胆道ステント留置術等です。3番目の「胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり」は 吐血による胃・十二指腸潰瘍に対する疾患で内視鏡的消化管止血術を行います。予定入院だけではなく緊急入院にも対応できるよう万全の体制を整えております。4番目の「胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術」は早期食道癌・早期胃癌や早期大腸癌に対して内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)が対象となる患者様です。内視鏡についてなるべく楽に受けたいというご要望に応じて鎮静剤(眠り薬)や鼻からのカメラ(経鼻内視鏡)を用いて行うこともあります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 246 2.89 4.44 0.00 68.02
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 145 2.75 3.07 0.00 67.66
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 136 6.62 5.43 1.47 74.04
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 134 4.66 4.95 0.00 62.74
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 92 10.23 12.09 1.09 67.85
循環器内科は病院全体で1番目に入院患者数が多い診療科です。胸が痛い、苦しい、息切れや動悸といった症状を起こす、狭心症や心不全、心臓弁膜症、不整脈に対しては、豊富な診療経験を有する医師が最新の医療機器を駆使して診断と治療を行います。症状が安定していれば、殆どの患者様は入院せずに外来で診断をつけることが可能です。狭心症に関しては、最新鋭のCT装置を用いた冠動脈造影CTと運動負荷心エコー検査を組み合わせることにより、外来で精度の高い診断をつけ、本当にカテーテル検査や治療が必要な方のみがカテーテル入院となるよう心がけております。また下肢の動脈硬化に対してもカテーテル治療を行っております。カテーテル入院は、殆どの場合で1泊2日で行っておりますが、患者様の病状に合わせて柔軟に対応しております。急性心筋梗塞や重症心不全などの場合は、救急集中治療科との連携で24時間体制で緊急カテーテル治療を含む救急治療を行っております。患者様の一日も早い回復と社会復帰を目指して、チーム一丸で患者さんのお手伝いをさせていただきます。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 67 11.72 22.56 1.49 60.52
050080xx9700xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 63 14.08 15.36 3.17 84.86
050161xx97x1xx 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 39 14.08 29.23 5.13 63.90
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 36 7.61 11.56 2.78 76.03
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等11あり 手術・処置等21あり 30 22.97 34.83 6.67 72.03
当センターの心臓血管外科は予定入院だけではなく緊急入院も多いことが特徴です。予定入院は入院前の外来にてしっかりとした検査を行い、患者さん一人ひとりに合った治療計画を行います。緊急入院においても、救急集中治療科(救急外来部門・集中治療部門)や麻酔科の医師と連携をとり、素早い対応で的確な手術と術後管理を行っています。
そのため、平均在院日数は全国平均に比べてどの疾患でも非常に短くなっています。弁膜症とは、心臓の血流の逆流を防ぐ重要な働きをしている弁が何らかの原因により硬化あるいは破損して弁の働きが機能しなくなる疾患で、当科が最も得意とする疾患です。大動脈瘤は、大動脈の壁の一部がこぶのように膨らんで血管破裂の危険を伴う疾患です。解離性大動脈瘤とは大動脈壁に亀裂が生じ、臓器への血流障害や血管破裂の危険を伴う疾患です。当科には近隣の患者さんはもちろんのこと、全国から受診に来ていただいています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 96 24.55 25.09 42.71 76.51
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 73 3.71 5.18 0.00 36.64
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病なし 42 5.64 6.19 0.00 50.86
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 定義副傷病なし 33 4.82 5.81 0.00 19.27
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 25 7.24 15.03 8.00 64.60
整形外科では、高齢者の大腿骨近位部骨折や四肢の骨折、小児の肘関節外傷や脊椎の骨折など主に外傷の患者さんが多く、小児から高齢者まで幅広い年齢層を対象に安全な治療を心がけています。高齢の患者さんに対しては積極的に骨粗鬆症の評価を行い、骨粗鬆症の早期発見・早期治療を行っています。
大腿骨近位部骨折は手術後のリハビリが非常に重要です。当センターでは術後翌日より経験豊富なスタッフによるリハビリを行い、早期退院につなげています。
2番目に多い前腕の骨折は幼児~90代までの患者さんを対応しており、一人ひとりの患者さんに適した診療内容を行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 60 7.88 8.18 8.33 51.40
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 45 11.07 9.68 11.11 76.24
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 41 19.88 18.86 63.41 69.68
010060x2992401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 29 17.07 17.69 31.03 64.79
010061xxxxx0xx DPC名称 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 27 6.22 6.36 0.00 68.59
脳神経外科の治療は一刻を争う場合が多く、当センターの脳神経外科では救急集中治療科(救急外来部門)との連携のもと、常勤医師による24時間年中無休で緊急手術が行える体制を整えています。そのため、約半数が緊急入院の患者さんです。入院患者さんの疾患としては頭部外傷が最も多く、続いて高齢者に多く見られる慢性硬膜下血腫となっています。また脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)の患者さんも頭部外傷同様に多く、発症して間もなく来院された超急性期の脳梗塞患者さんに対する血栓溶解療法(t-PA治療)が無効な場合でも、血管内治療(血栓回収療法)を積極的に行うことで良好な回復が得られています。また血栓溶解療法や血管内治療の適応がない脳梗塞患者さんに対しても徹底的に精密検査を行うことで治療方針を決定し、適切な再発予防(二次予防)に努めています。上記疾患の他、脳腫瘍摘出術・脳動脈瘤クリッピング術・水頭症手術・頚動脈ステント留置術等幅広い疾患に対して治療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 84 3.40 5.44 0.00 35.68
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 48 6.96 9.08 2.08 67.29
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 41 4.05 4.86 0.00 62.44
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 36 4.22 6.41 0.00 55.14
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 33 8.27 9.76 0.00 57.61
当センターの外科は専門分野の垣根をなくし、総合外科として心臓・大血管を除くすべての分野に対応しております。消化器の疾患が全体の半数以上を占めますが、肺・乳腺・甲状腺・ヘルニア・末梢血管等様々な分野に対して経験豊富な外科スタッフが対応しています。最も多い虫垂炎の患者さんは10代から80代までの幅広い年齢の方を対応しているため平均年齢が低めです。そのほとんどが緊急入院ですが、基本的に緊急手術を原則として1日でも早く退院できるよう迅速な対応を行っているため、平均在院日数が短いのが特徴です。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 316 6.56 6.10 0.00 42.18
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 164 5.09 6.16 0.00 36.40
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 94 2.99 2.93 0.00 39.71
120100xx01xxxx 子宮内膜症 子宮全摘術等 57 5.32 7.30 0.00 38.09
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 47 9.11 9.45 0.00 34.66
産婦人科は病院全体で2番目に入院患者数が多い診療科で、産科と婦人科の二分野があります。婦人科では子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症に対する手術を数多く行っています。クリニカルパスという標準化されたスケジュール管理に患者さん一人一人に合わせたアレンジを加えて、質の高い手術を安全安心に提供しています。入院翌日に手術を行い、術後4,5日で退院となり、全国平均に比べて在院日数が短いことが特徴です。手術以外にも思春期から更年期・老年期まで女性の生涯の健康をサポートします。また、産科領域では低リスクの正常妊娠・分娩から中~高リスクの合併症妊娠、産科異常など新生児集中治療室を必要としない範囲での、総合病院としてのメリットを活かした周産期管理を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 105 1.01 2.12 0.00 4.25
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 88 6.43 6.13 0.00 0.00
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 38 1.03 2.44 0.00 8.92
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 28 6.32 13.00 0.00 1.04
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 5.68 6.46 0.00 3.84
当センターは、役割の一つとして「小児医療」を掲げており積極的に小児患者を受け入れています。日中だけでなく、夜勤帯にも小児科医師が常駐しており、24時間小児疾患の対応が可能な体制となっています。1番目の「食物アレルギー」は各種のアレルギー負荷試験が主な患者さんです。2番目の「妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害」は当センター分娩の増加により「帝王切開後」の管理や分娩後の「新生児黄疸」「新生児呼吸障害」等の疾患を対応しています。当院の産婦人科と連携し、新生児に対するきめ細やかな対応を行っています。
呼吸器疾患(喘息、肺炎)は年齢的にも小さなお子さまが多く、この年齢層での重要な疾患ということが伺え、その他、腎盂腎炎・尿路感染症・熱性けいれん・川崎病・アナフィラキシー・アレルギー性紫斑病等幅広い疾患に対応しています。今後も地域の中核病院としてお子さまの健康を守ります。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 47 3.00 3.02 0.00 2.55
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 33 3.00 2.79 0.00 3.85
11022xxx01xxxx 男性生殖器疾患 精索捻転手術等 24 2.92 3.84 0.00 7.58
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病なし 12 5.67 7.17 0.00 10.92
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 6 3.00 8.17 0.00 1.50
当センターは、役割の一つとして「小児・周産期医療」を掲げており、手術が必要な小児・新生児患者も積極的に受け入れています。小児外科では停留精巣・移動性精巣、鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、包茎、虫垂炎、肥厚性幽門狭窄症、膀胱尿管逆流症、先天性耳瘻孔、頚部疾患など幅広い疾患に対応しております。
また、当センターではクリニカルパスによる入院管理を80~90%の入院患者さんに対して行っております。統合的な術前・術後管理を行うことが可能であり、当科の標準的なスケジュールとして安全・安心な入院生活を提供いたします。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 127 1.02 2.76 0.00 74.79
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 74 1.03 4.95 0.00 73.26
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし 1 1.00 2.56 0.00 83.00
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 1 1.00 6.98 0.00 65.00
020180xx99x2xx 糖尿病性増殖性網膜症 手術なし 手術・処置等22あり 1 1.00 2.60 0.00 65.00
眼科は近隣のクリニックからの難症例も含め、白内障手術(水晶体再建術)を日帰り入院で対応しています。
また、糖尿病性網膜症や網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性症の黄斑浮腫に対して「アイリーア硝子体内注射」も日帰りで対応しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 19 2.11 3.39 0.00 74.05
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 19 19.84 18.61 15.79 68.05
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17 15.47 13.30 17.65 73.94
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 14.50 13.22 8.33 74.83
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 5 12.80 6.46 0.00 52.00
呼吸器内科では肺癌、肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺疾患等の呼吸器疾患全般にわたって診療を行っています。
1番目の「肺の悪性腫瘍 手術なし」は検査入院で、気管支ファイバーや気管支針による肺生検を行い「肺癌」か「肺良性腫瘍」の診断を行います。2番目の「間質性肺炎」は、肺の間質と呼ばれる部分を中心に炎症が起こる病気で炎症によって徐々に肺胞壁が厚くなってしまいます。中高年に多い疾患です。4番目の「慢性閉塞性肺疾患」とは、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた疾患の総称で、中高年の喫煙者に多く見られます。そのため、当センターでも平均年齢は高めです。5番目に多い「喘息」は10代から高齢者まで幅広い年齢で対応しているため平均年齢が低めとなっています。また、当センターでは肺の悪性腫瘍の治療にも力をいれています。肺の悪性腫瘍の治療法は化学療法や手術など多岐に渡りますが、呼吸器内科医、腫瘍内科医、外科、薬剤師、化学療法ナースによる週に一度の肺癌カンファレンスを行い、各科と連携しながら患者さん一人ひとりに合った治療計画を立てます
腎臓・内分泌・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 37 6.97 11.04 0.00 60.30
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり 23 15.09 14.60 0.00 58.96
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 18 16.39 14.01 0.00 58.78
050130xx97020x 心不全 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 11 41.55 36.61 0.00 66.27
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 9 15.89 17.23 0.00 75.67
さまざまな原因による急性・慢性腎不全の治療として、血液透析や腹膜透析の導入を行なっています。また、糖尿病、腎臓病を合併した
他診療科に入院した患者さんについても併診し対応を行なっています。新規に糖尿病を発症した方や、インスリン自己注射が必要な方、
妊娠糖尿病患者さんなどを対象として、糖尿病教育入院という自己管理の方法や治療について理解していただくための入院を行なっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 15 2.00 2.54 0.00 72.20
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし 5 2.80 7.13 0.00 72.20
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし 2 2.00 4.13 0.00 76.50
泌尿器科は、「前立腺の組織生検」「膀胱腫瘍摘出術」を実施しています。
常勤医師が不在の為、非常勤医師が施行しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 30 3 7 13 20 4 1 8
大腸癌 10 14 22 13 38 11 1 8
乳癌 5 4 0 4 2 0 1 8
肺癌 13 0 4 38 34 7 1 8
肝癌 1 1 4 0 5 11 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の初発の患者さんの数をUICCという国際対がん連合が定める病期分類法を用いて集計しました。UICCの病期分類は①原発腫瘍の広がり②所属リンパ節転移の有無と広がり③遠隔転移の有無の3つの構成要素からステージⅠ期(早期)~ステージⅣ期(末期)を分類したものになります。令和2年度に当センターに複数回入院を繰り返した患者さんは、入院した回数分カウントされるため、がんの実患者数とは異なります。当センターではがん患者さんは年々増加傾向にあります。なお、検査入院でステージが確定できない場合は「不明」にカウントされます。患者さんの容態に応じて外科的または内科的治療を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 5 9.80 56.80
中等症 44 13.05 82.34
重症 19 16.89 82.21
超重症 5 22.00 85.80
不明 0 0.00 0.00
20歳以上の市中肺炎の重症度別に集計しました。市中肺炎とは病院や介護施設等以外で生活を送っている中でかかった肺炎です。
重症度が高くなるにつれて、在院日数も長くなり、平均年齢も高い傾向があります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 175 21.18 72.75 31.82
その他 23 15.83 69.35 4.55
脳梗塞とは何らかの原因で脳の一部に急に血流がなくなり、脳の組織が酸素や栄養の不足のため死滅してしまう病気です。そのため、早期発見早期治療が非常に重要です。当センターの脳神経外科では、急性期脳梗塞の件数が多くなっています。20代から90代と幅広い年齢層の患者さんを受け入れています。脳梗塞治療では血栓溶解療法(t-PA治療)を行うことができ、(医師により適応と判断された場合)、脳神経外科の医師が24時間オンコール体制を敷いており、いつでも救急対応が可能であり、積極的に救急患者さんの受け入れを行っています。また、急性期脳梗塞でも、麻痺等病状が安定している方は総合内科でも受け入れしています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 127 0.01 1.06 0.00 67.69
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 85 1.73 11.27 8.24 73.87
K654 内視鏡的消化管止血術 37 0.35 7.43 5.41 69.81
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 27 0.11 1.41 0.00 60.70
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 26 1.12 6.42 0.00 74.73
2020年度の手術術式件数は513件でした。大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が3分の1を占めます。概ね入院当日に手術を行い次の日退院となりますが、病巣が小さい場合は日帰り手術も可能になりました。スネアと呼ばれる輪状の針金に電気を通して焼却し切除します。2番目の内視鏡的胆道ステント留置術は胆道の狭くなった部分にステントを入れて拡張する手術です。3番目の内視鏡的消化管止血術は、胃十二指腸潰瘍などからの消化管出血は命に係わる重篤な病態に対して実施します。当院では症例も多く内視鏡的に様々な技術を駆使して高い確率で止血し救命しています。その他、早期癌に対して、病変の下(粘膜下層)に特殊なお薬を注入し、その部分を剥離し病変を剥がし取る、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)なども行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 232 1.42 12.25 3.45 74.03
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 219 1.11 2.12 0.00 68.02
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 116 1.56 2.86 0.00 62.91
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 58 0.00 13.28 1.72 68.40
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 50 0.26 11.68 4.00 67.78
2020年度の手術術式件数は920件でした。狭心症に対するカテーテル治療(経皮的冠動脈ステント留置術)は、当センターで多く実施している手術の1つです。当院は日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)の研修施設でもあり、CVIT専門医と認定医が治療を担当します。殆どのカテーテル手術は手首の血管から行い、治療直後から歩行が可能で早期退院につなげます。また、慢性完全閉塞(CTO)や石灰化の強く治療難度の高い病変も積極的に治療を行っております。また足の血管が詰まることによる間欠性跛行と呼ばれる、歩行時の足やふくらはぎの痛みに対するカテーテル治療に関しても積極的に行っております。透析設備も完備しておりますので、透析を受けられている患者様への対応も整っております。近年問題となっている心房細動を含む不整脈に関しては、薬物療法のみならず完治を目指してカテーテルアブレーション治療(心筋焼灼術)を行っています。その他、経皮的心房中隔欠損閉鎖術,卵円孔開存閉鎖術,動脈管開存閉鎖術,左心耳閉鎖術(ウォッチマン) を含め、心臓血管疾患に関する幅広い診療を行っております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 76 7.39 6.51 2.63 84.62
K555-31 胸腔鏡下弁置換術(1弁のもの) 37 5.68 16.92 2.70 69.97
K5612ロ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(腹部大動脈) 36 2.50 5.58 5.56 75.86
K554-21 胸腔鏡下弁形成術(1弁のもの) 34 5.26 6.88 0.00 59.06
Kコード K560-22ニ オープン型ステントグラフト内挿術(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術)(その他のもの) 26 1.65 16.35 15.38 63.58
2020年度の手術術式件数は444件でした。弁膜症に対する弁置換術ならびに弁形成術が上位を占めます。経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術)(通称TAVI)とは、機能を失った弁をカテーテルを用いて人工弁に置き換える手術です。カテーテルを用いることで患者さんへの負担も軽減でき、高齢患者さんにも行えることにより平均年齢が高くなっているのも特徴です。弁置換術は機能を失った弁を人工弁に置き換える手術、弁形成術は自己の弁を温存しながら弁の機能を回復させる手術です。弁形成術の数は複合手術など表にあらわれていないものも多く、僧帽弁手術は大半が弁形成術です。弁形成術や弁置換術は胸骨を切らない胸腔鏡下手術(MICS:ミックス)を積極的に行っており、入院期間が短いのが特徴です。ステントグラフト内挿術(通称EVAR)は、足の付け根の動脈からカテーテルを挿入して動脈瘤の内側に人口血管を挿入する手術です。いずれの手術も、早期退院に向け術後翌日からリハビリを開始しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 81 2.48 13.05 29.63 67.07
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 72 1.97 6.82 5.56 47.38
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 46 4.39 21.48 39.13 78.04
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 41 1.10 2.39 0.00 42.88
K0463 骨折観血的手術(鎖骨,膝蓋骨,手(舟状骨を除く),足,指(手,足)その他) 40 1.20 4.60 2.50 53.93
2020年度の手術術式件数は537件です。骨折観血的手術とは、骨折した部分を切開し骨を治した後、ワイヤーやプレートで固定する手術です。手術後翌日からリハビリを開始することが多いです。骨内異物除去術とは、骨折観血的手術にてワイヤーやプレートを挿入した後、骨癒合が完成してからワイヤーやプレートを除去する手術です。そのため在院日数は短いです。人工骨頭挿入術とは骨粗鬆症の高齢者に多い、大腿骨頚部骨折に対して金属の骨頭を入れ替えて関節機能を取り戻す手術です。本手術も術後のリハビリが非常に重要であり、手術の翌日からリハビリを開始し、早期退院を目指しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 45 1.02 12.24 20.00 77.56
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 22 1.05 33.27 50.00 61.23
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 17 0.53 28.00 76.47 67.18
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 16 8.13 14.06 18.75 75.38
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 10 10.50 19.20 60.00 58.70
2020年度の手術術式件数は198件でした。慢性硬膜下血腫穿頭洗浄術とは、主に高齢者が外傷を契機に1~2か月程の期間を経て頭蓋骨と脳との間に貯留した液状の血種を除去する手術です。局部麻酔下で3~4cm程度の頭皮切開を行い、頭蓋骨に一円玉サイズの穴を一か所開けて、血腫を吸引除去し生理食塩水にて洗浄します。脳動脈瘤頸部クリッピング術とは破裂してくも膜下出血を発症した脳動脈瘤に対する手術です。開頭をおこない、脳動脈瘤の付け根にチタン製のクリップを掛けて再破裂を防止します。脳ドックなどでたまたま見つかった未破裂の動脈瘤にも同様の手術をおこないます。頭蓋内血腫除去術は脳出血に対する手術です。出血の部位や大きさに合わせた開頭をおこない、血腫を吸引除去します。場合により内視鏡を使用した低侵襲の血腫除去術も可能です。いずれの手術も実施後できるだけ早くリハビリを行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 86 0.13 2.34 0.00 36.35
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 71 1.25 2.93 0.00 55.85
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 0.97 2.12 0.00 60.12
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 30 0.03 7.00 0.00 56.30
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 20 1.70 13.65 0.00 69.30
2020年度の手術術式件数は495件です。腹腔鏡手術とは腹部周辺を数センチほど切開し、カメラを挿入して行う手術のことです。手術創が小さく体への負担が少ないため、早期退院が可能となっています。腹腔鏡下虫垂切除術は15歳から80歳までと幅広い年齢層に行われている手術で、炎症を起こした虫垂を切除する手術です。腹腔鏡下胆嚢摘出術は、病変となった胆嚢を摘出する手術です。腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術は予定入院がほとんどで、3泊4日と入院期間が非常に短いのことが特徴です。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 204 0.98 3.11 0.00 36.70
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 191 1.09 4.97 0.00 46.32
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 128 1.08 4.97 0.00 37.40
K872-31 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術(電解質溶液利用) 68 1.00 1.00 0.00 40.29
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 46 1.15 7.09 0.00 34.89
2020年度の手術術式件数は929件でした。当科では数か所に分散した小さな傷で手術を行う腹腔鏡下手術を実施し、なるべく低侵襲で短期間で退院でき、女性の身体に優しい手術法を積極的に取り入れています。子宮附属器腫瘍摘出術とは、主に卵巣嚢腫や卵管水腫などの良性腫瘤に対して行われる手術です。腹腔鏡下腟式子宮全摘術は、腹腔鏡を用いてお腹を大きく切らずに腟を通して子宮を体外に出します。主に子宮筋腫や子宮腺筋症(子宮内膜症)に対して行われます。腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術は子宮を温存し筋腫のみを摘出する手術で、その後の妊娠分娩を希望する場合に行います。
産科手術の代表は帝王切開で、分娩数の増加に伴い増えています。予定して入院し行う選択的帝王切開と分娩中などに急に帝王切開が必要となったときに行う緊急帝王切開があります。「周産期医療」は当センターの主な役割の一つです。可能な限り自然分娩を行っていただき、必要に応じて帝王切開術、また、希望により無痛分娩を行っています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 48 1.00 1.00 0.00 2.56
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 32 1.00 1.00 0.00 3.81
K8282 包茎手術(環状切除術) 17 1.00 1.00 0.00 6.35
K6333 臍ヘルニア手術 5 1.00 1.00 0.00 1.20
K8382 精索捻転手術(その他) 4 0.00 1.25 0.00 10.75
2020年度の手術件数は123件でした。停留精巣・移動性精巣・鼠径ヘルニアなど、患者さんが多い疾患ではクリニカルパスを使用した入院管理を行っており、小児外科の患者さんの多くは2泊3日の短期入院となっています。急性虫垂炎などの小児の外科系救急疾患に関しては、救急科・小児科と連携をとりながら、緊急入院・緊急手術にも対応しています。不安感の強いお子様には、当日の手術室内の状況にもよりますが、海の中をイメージしてデコレーションを施した手術室もご用意しております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 201 0.00 0.02 0.00 74.22
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき)) 1 0.00 0.00 0.00 65.00
2020年度の手術術式件数は202件でした。白内障とは眼の中にあるレンズ(水晶体)が濁って見えにくくなる現象で、80歳になれば全員に起こる変化ですが、進行具合には個人差があります。水晶体再建術はこの濁ったレンズを透明な人工の眼内レンズに入れ換える手術です。水晶体再建術は当センターで多く実施されている手術の1つです。手術は水曜日に原則日帰りで行っています。
網膜光凝固術(その他特殊なもの(一連につき))は主に外来で行っている手術のため、入院・外来を合わせると74件となります。
腎臓・内分泌・糖尿病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 20.50 41.60 0.00 67.60
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 5 7.20 36.60 0.00 76.60
K654 内視鏡的消化管止血術 5 3.20 14.40 0.00 69.40
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 2 13.50 4.50 0.00 61.50
K596 体外ペースメーキング術 2 0.50 17.00 0.00 76.50
当科は総合内科や各種専門内科、また、外科系の科と併診する形で診療を行なっております。透析患者は全例併診という形で対応し、特に当科に関わる処置(手術)である血液透析に必要なシャント作成・グラフト造設は、外科と心臓血管外科、透析シャントPTA(拡張術)はIVR科、また長期留置カテーテル挿入は循環器内科に実施を依頼している状況であるため、他科の診療科とデータ上は競合することがあります。
2020年度の手術術式件数は45件でした。「四肢の血管拡張術・血栓除去術」は動脈硬化によって、足の血管が詰まる状態でカテーテルを使って、血栓を除去し血管を拡張させステントを留置します。四肢の壊疽の患者様にもカテーテル治療を行い、壊疽の状態によっては四肢離断術や切断術も行います。「経皮的シャント拡張術・血栓除去術は細くなった血管を、風船(バルーン)を用いて拡張する手術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01
異なる 0 0.00
180010 敗血症 同一 33 0.38
異なる 30 0.35
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 54 0.63
異なる 7 0.08
播種性血管内凝固症候群、敗血症、真菌感染症、手術・処置等の合併症の症例数を集計し、全退院患者に対する「発生率」を算出しています。「入院契機」とは入院のきっかけになった傷病名のことです。入院が必要になった傷病名に対して主たる治療を行った場合は「同一」、入院の契機となった傷病名ではなく、併発していた疾患、あるいは入院中に発症した疾患に対して主たる治療を行った場合は「異なる」としています。これらの指標は重症患者に起こりうる病態や合併症の出現頻度を意味し、当施設では症例検討等を通して出現頻度の低下に向けて努力しております。
更新履歴