奥村 弘史/Hiroshi Okumura

奥村 弘史

おくむら ひろし
医師/循環器内科/副部長 兼 心血管内治療部長

短時間で終わる痛みの少ない検査・治療を心がけております。

狭心症や心筋梗塞症といった心臓疾患をはじめ、下肢動脈に狭窄・閉塞をきたす閉塞性動脈硬化症、透析患者さんのシャント血管狭窄・閉塞、の治療を他科の医師やスタッフとの強力な連携で診させていただきます。

外来案内・診療科紹介はこちら

専門領域

1. 冠動脈治療(完全閉塞病変などの複雑病変を含む)
2. 末梢血管治療
3. カテーテル焼却術、ペースメーカー治療

資格・所属学会

• 日本内科学会認定医・専門医・指導医
• 日本循環器学会専門医
• 日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医・指導医
• 日本心臓病学会
• 日本不整脈学会
• 日本心電学会

略歴

• 1996年 新潟大学医学部附属病院
• 2001年 江戸川病院循環器科
• 2005年 北斗循環器病院循環器科科長
• 2006年 苑田第三病院循環器科部長
• 2011年 葛西昌医会病院循環器科副部長
• 2012年 現職

「木を治して、森を診断し治せる」

例えば閉塞性動脈硬化症には、60歳以上の20%が方が罹患していると言われています。
下肢の動脈が狭窄、閉塞をきたしても2/3は無症状ですが、その50%に冠動脈疾患、20%に脳血管疾患を合併しており、しっかり病状を把握しておく必要があると思います。
当院では、簡単な手足の血圧を測る検査(ABI)や血管エコー検査を始め、320列のCT、MRIと設備も揃っており、優秀な技師とともに的確な診断が可能と自負しております。
「木を見て、森を見ず」とならないように、「木を治して、森を診断し治せる」、ハートセンターでありたいと考えております。

全国の仲間とともに

診療、治療技術は日進月歩の世界です。独りよがりにならず、常に新しい声を耳を傾けております。北海道から沖縄まで、日本はおろか世界でその技術を発揮している仲間がいます。困ったらお互いに相談し合い、ときにはお互いの施設で技術交流を行える施設であり続けたいと考えています。

メニュー