薬剤師レジデント通信 ~仲間の学びも自身の学びに~

こんにちは、薬剤師レジデントプログラムWGです。
薬剤師の臨床スキル修得のため、また私たち自身の教育意識の醸成のため、東京ベイでは今年度より新たな取り組みを始めました。
東京ベイ・浦安市川医療センター 薬剤師レジデントプログラム

薬剤師レジデントプログラムは2年目を迎え、教育者、学習者ともに、より能動的に学ぶ環境となるよう努めています。今回は、薬学的介入の情報共有についてご紹介いたします。

安全で、より効果的な薬物治療を実践するために、薬剤師は患者さんごとの薬の選択や使い方などを確認し、他の医療スタッフへ情報提供を行います。そのなかでも医師への処方内容の確認や提案が最も多く、調剤等の中央業務、病棟業務、医療チーム等あらゆる場所で実施されています。

例えば、腎機能に応じた薬の用量変更、薬剤相互作用や副作用リスクを考慮した代替薬の提案や、医師の意図と処方内容が適当であるか等、多くの事項について確認をしています。

院内の様々な場面で行われているこの薬剤師の介入について、他の薬剤師と共有し、それぞれの学びに活かす取り組みをしています。

各薬剤師は医師への照会内容について電子カルテに記録していますが、薬剤師レジデントはその匿名化したデータを集積し、介入事例として薬剤師間で共有します。他の薬剤師の介入事例を知ることにより、どのような薬学的プロブレムをみているのか、対する処方提案にはどんなことができるのかを考える機会にしています。

当センターは多くの診療科を擁し、また高度急性期~緩和的治療に至るまで、日々幅広い医療が行われています。薬剤師レジデントをはじめ、薬剤師全体の底上げにつなげられるようこの取り組みを継続しています。

薬剤師レジデントプログラム ワーキンググループ

メニュー