膀胱尿管逆流症という病気をご存知ですか??〜子供が原因のはっきりしない発熱を繰り返したら〜

「咳も鼻水もないのに、子供の熱が何日も続くのです」
このご家族からの訴えで我々小児外科医は尿路感染症という病気を疑います。尿路感染症とは平たく言えば、おしっこにバイ菌(細菌)が入って熱が出てしまった状態です。この尿路感染症を繰り返してしまうお子さんがいます。その原因疾患の一つが今回のテーマである膀胱尿管逆流症です。膀胱尿管逆流症とは、膀胱に溜まった尿が尿管(上流に位置する腎臓と下流に位置する膀胱をつなぐ管)に漏れ出てしまう病気です。

膀胱尿管逆流症の原因は??

膀胱にはもともと尿が溜まり、膀胱が大きくなることで膀胱から尿管に尿が流れ込まなくなる、逆流防止弁の働きが尿管口(膀胱の入り口)という部分にあります。しかし、膀胱尿管逆流症のお子さんはこの尿管口の働きが悪く、尿が溜まっていく時や排尿する時に尿が尿管の方に漏れてしまうのです。漏れ出た尿は膀胱と尿管で行ったり来たりして停滞するため、尿が濁りやすく、感染源となりやすくなってしまいます。従って、細菌が繁殖して尿路感染症になってしまうのです。

注意しないといけない膀胱尿管逆流症

膀胱尿管逆流症による尿路感染症では、腎盂腎炎(腎臓の入り口の炎症)から腎瘢痕(腎臓がダメージを受けた状態)となり、腎臓が小さくなる、もしくは腎機能が悪化してしまうことがあります。その腎臓の機能を把握するために行う検査が核医学検査(DMSA: dimercaptosuccinic acid)という検査になります。核医学検査とはCTのようなドーナツ型の機械に横になって検査を行います。点滴の針を刺さなければいけませんが、それ以外は痛みの無い検査です。その検査で腎機能が悪化している場合は膀胱尿管逆流症に対する手術を早期に行わなければいけません。

膀胱尿管逆流症の診断は??

膀胱尿管逆流症は膀胱造影という検査で診断します。膀胱造影はおちんちんの先から膀胱までチューブを入れて、レントゲンに映る造影剤を膀胱に注入しながら行う検査です。膀胱から尿管への逆流の程度により、重症度は異なります。重症度はGradeⅠ(最も軽症)からGradeⅤ(最も重症)まであり、重症度により、治療法も異なります。治療法に関しては後述させて頂きます。Gradeが高い程、腎機能に影響を与えるリスクが高いといえます。

膀胱尿管逆流症の手術は??

膀胱尿管逆流症に対する手術は2通りあります。1つは膀胱鏡という内視鏡をおちんちんの先から挿入して、膀胱内にある尿管口の周りに、デフラックスという薬剤を注入します。この治療法は欧米では約30年以上の歴史があるものの、日本では2011年1月より認可が降りて使用可能となった薬剤です。1回で逆流が消失しない場合は何回か繰り返して手術を行なえる利点があります。一方でもう一つの治療法は外科的に新しく尿管口を作り変える手術になります。Cohen法という術式が一般的な方法です。1歳以上のお子さんのGradeⅡ〜Ⅳに対してはデフラックスの治療適応があります。GradeVの場合は、外科的治療の適応となります。治療効果は外科的手術の逆流消失率が約95%程度であるのに対し、デフラックスの治療法では初回治療の逆流防止率が70−80%程度です。

デフラックスの治療法は??

デフラックスはヒアルロン酸ナトリウムとデキストラノマーの2種類の薬剤が混ざったものです。その中でデキストラノマーが、注入された部位に留まって膨らみを作ります。写真にあるように尿管口周囲にこのデフラックスの薬剤を注入して、土手のような形を作ることで、膀胱から尿管へと尿が逆流しないようにする治療といえます。膀胱鏡を用いた手術ですので、体の表面に全く傷は残らず、低侵襲な治療法です。

デフラックスの治療の副作用は??

血尿:膀胱に針を刺して治療を行うため、血尿となります。通常は1、2日で改善します。
水腎症:注入したデフラックスが外尿道口を閉塞させてしまい、水腎症(腎臓の腎盂という尿を貯める部分が拡張してしまう)になってしまうことがあります。手術後早期に起こる場合と手術から半年もしくは1年以上経ってから水腎症に至ったという報告もあります。このため、定期的に術後の外来でエコーを施行してフォローさせて頂いております。

当院での治療の流れ

膀胱造影で膀胱尿管逆流症が診断されたお子様の当院での治療の流れは以下のようになります。
1. 外来にて核医学検査(DMSA)、検査当日に結果説明の後、入院予約
2. 入院初日:術前検査、全身麻酔に関わる説明
3. 入院2日目:手術、夕方に腹部エコー(水腎症のチェック)
4. 入院3日目もしくは4日目:腹部エコー、退院
5. 術後約1ヶ月後に外来で膀胱造影を施行
術後に血尿が続く場合があります。その際は入院期間が数日間伸びることがあります。

終わりに

膀胱尿管逆流症はガイドラインによると、100人に1人のお子さんが有していると言われる程、頻度の高い病気です。膀胱尿管逆流症を原因として、尿路感染症を繰り返しますと、腎臓の機能が徐々に低下していきます。従って、膀胱尿管逆流症を早期発見し、治療を行うことが腎臓を守る上で非常に大切です。お子さんが、風邪症状もなく発熱が続いている場合は尿路感染症が疑われるため、早めに近所の小児科を受診してください。また、何度か小児科で尿路感染症と診断されたことがあるお子さんは、直接当院小児外科にご連絡頂ければ、診断及び治療を行わせて頂きます。

文責:小児外科部長 末吉 亮

◆ 東京ベイ・浦安市川医療センター 小児外科

メニュー