看護部/外科病棟

  1. ホーム
  2. 看護部/外科病棟

看護部/外科病棟(6階南病棟)のご紹介

6階南病棟は、定床57床の外科病棟で、主として周術期看護を含む急性期看護に取り組んでいます。外科では胃・腸・肝・膵・胆嚢の消化器系や肺、乳房などの外科的手術が年間900件以上行われています。また、消化器内科も併設されており、主に検査目的の短期入院、消化器出血、早期消化器がんの内視鏡治療、炎症性腸疾患などの治療を目的とした患者さんが入院されています。治療を受ける患者さんは高齢で既往歴のある患者さんも多く、重症の患者さんも多数入院されています。急性期の術後は、安全かつスムーズな離床の促進、異常の早期発見や合併症の予防に努めています。そして、受け持ち看護師を中心とし、入院時から在宅状況や転院等について患者さんご家族の要望を聞き、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・MSW等の多職種と協働し退院支援を行っています。
また、病棟にはストーマ造設した消化器外科の患者さんが常時7、8人は入院しています。術後のケアの質がその後の患者さんの生活の質に影響するため、毎日カンファレンス内に「ストーマカンファレンス」を設けスタッフ間で話し合い、ストーマ記録用紙や看護記録を用いた情報共有や改善策を出し合っています。退院後のストーマ外来への情報提供もスムーズに行えるようになりました。医師との連携も密になっているので、相談しながら患者さんにとって最善となるようなケアを日々提供したいと思っています。

看護部ご紹介

小児病棟

小児領域は全ての診療科を受け入れております。入院中に様々な症状が出現した際もご家族に安心していただける体制をとり看護にあたります。

整形外科病棟

受傷後にどの程度まで回復を望まれているかについて患者さんやそのご家族と相談をして一番良い退院支援の方法を常に考えて、多職種で退院調整に力を入れています。

脳神経外科病棟

患者さんが今後の人生を自分らしく生きていくことができるように生活全般に渡って支援をしています。

外科病棟

患者さんが不安なく安全に手術を受けられるよう、サポートしております。

ICU/CCU部門

入院される患者さんの診療科は多岐にわたります。救急外来からの緊急入室対応や術後患者対応、さらに院内急変患者対応など、当院における最後の砦と言えます。

HCU部門

ICUと一般病棟の間に位置し、患者さんが安全に病棟に移動できるように治療を行います。総合内科、救急集中治療科と連携し、救急外来や院内の急変患者さんの受け入れも行います。

手術室部門

脳神経外科や心臓血管外科など8診療科のあらゆる手術に対応しております。医師、看護師、臨床工学技士ら医療チームが一丸となり、患者さんの生命と健康を守ります。

外来部門

小児から高齢者にいたるまでの幅広い年齢層の患者さんに対応しております。患者さんが安心して療養生活が送れるように、さまざまな事に取り組んでおります。

救急外来部門

常にトリアージ(緊急度判定)を行って緊急度や重症度の高い方から診療を行うようにスタッフ一同心がけております。

透析室

24時間救急患者の受け入れを行っている為、緊急入院への対応とともに、入院中の透析治療を安心して受けられるよう近隣の透析施設との連携を大切にしています。

メニュー