看護部/救急外来部門

  1. ホーム
  2. 看護部/救急外来部門

看護部/救急外来部門のご紹介

当院の救急部門は、北米型ERをモデルに開設されました。

北米型ERとは、まず全ての診療科の救急患者さんに対する初期治療を救急科のスタッフが行い、診療後、専門的な治療が必要な場合には各専門科へコンサルテーションを行い、入院や通院などのフォローアップを依頼する体制のシステムです。
当院は開設以来、断らない病院を目指しており、その結果2017年度は年間walk in受診数件21,741件(約1,811件/月)、救急車受け入れ台数8,775台(約731台/月)、救急車の応需率 94.3%で、全国でもトップレベルの救急車受け入れ率を誇っています。現在は、浦安・市川の市内だけでなく、市外や県外からの救急搬送も受け入れております。
これだけの救急患者さんを受け入れているため、緊急性のある患者さんの見逃しが無いように、救急外来を受診される全ての患者さんのトリアージ(緊急度判定)を行い、緊急性の高さを判断し診察を行っています。各診療科や看護師・事務・薬剤師・放射線技師・臨床検査技師・臨床工学技士などのコメディルと協力し、患者さんが安心して治療を受けられるような体制も整えています。

当科は24時間365日 総合診療内科、循環器内科、心臓血管外科、脳外科、外科、整形外科、小児科すべての科の初期診療を受け入れています。緊急カテーテルや内視鏡は救急外来看護師が対応するため、カテーテル治療や内視鏡などの幅広い知識と技術を身に着けることができます。

当院の救急外来を訪れる患者さんは小児から高齢者、地域の特性として国内外の旅行者など疾患や患者層は幅広く、常に患者さんの事を第一に考え、不安な気持ちに寄り添えるような安全で安心な医療と看護の提供にスタッフ一同心がけています。

看護部ご紹介

小児病棟

小児領域は全ての診療科を受け入れております。入院中に様々な症状が出現した際もご家族に安心していただける体制をとり看護にあたります。

整形外科病棟

受傷後にどの程度まで回復を望まれているかについて患者さんやそのご家族と相談をして一番良い退院支援の方法を常に考えて、多職種で退院調整に力を入れています。

脳神経外科病棟

患者さんが今後の人生を自分らしく生きていくことができるように生活全般に渡って支援をしています。

外科病棟

患者さんが不安なく安全に手術を受けられるよう、サポートしております。

ICU/CCU部門

入院される患者さんの診療科は多岐にわたります。救急外来からの緊急入室対応や術後患者対応、さらに院内急変患者対応など、当院における最後の砦と言えます。

HCU部門

ICUと一般病棟の間に位置し、患者さんが安全に病棟に移動できるように治療を行います。総合内科、救急集中治療科と連携し、救急外来や院内の急変患者さんの受け入れも行います。

手術室部門

脳神経外科や心臓血管外科など8診療科のあらゆる手術に対応しております。医師、看護師、臨床工学技士ら医療チームが一丸となり、患者さんの生命と健康を守ります。

外来部門

小児から高齢者にいたるまでの幅広い年齢層の患者さんに対応しております。患者さんが安心して療養生活が送れるように、さまざまな事に取り組んでおります。

救急外来部門

常にトリアージ(緊急度判定)を行って緊急度や重症度の高い方から診療を行うようにスタッフ一同心がけております。

透析室

24時間救急患者の受け入れを行っている為、緊急入院への対応とともに、入院中の透析治療を安心して受けられるよう近隣の透析施設との連携を大切にしています。

メニュー