看護部/整形外科病棟

  1. ホーム
  2. 看護部/整形外科病棟

看護部/整形外科病棟(5階北病棟)のご紹介

5北病棟は整形外科が主となる病棟で、整形外科専門医が6名、看護師は師長・主任を含め32名(うちメンズナースは3名)病棟クラーク1名、看護助手5名で病棟を運営しています。

整形外科の主な疾患は大腿骨頚部骨折をはじめ、脊椎疾患、膝・股関節の人工関節置換、上肢、下肢など多くの疾患の治療にあたっています。ほとんどの症例が手術で、周手術期管理が主ですが、時代の流れとともに高齢の患者様が多く入院されています。2017年度の手術件数は628件、年齢層は16歳から101歳と幅広いことも特徴です。受傷後にどの程度まで回復を望まれているかについても患者さんやそのご家族と相談をして一番良い退院支援の方法を常に考えています。そのために理学療法士やソーシャルワーカーなども含めた多職種で退院調整にも力を入れています。また担当看護師を患者さん一人一人に専任で置き、患者さんの個別性を考えた看護実践も日々検討しています。当病棟は若い看護師も多く在籍しているため、一人で考えずチームで検討し継続看護に活かせるよう取り組んでいます。また新人看護師の離職率もここ数年は0%で1年目への教育も充実させています。

若さとパワー、そしてチームワークを活かした明るく活気あふれる病棟です。

看護部ご紹介

小児病棟

小児領域は全ての診療科を受け入れております。入院中に様々な症状が出現した際もご家族に安心していただける体制をとり看護にあたります。

整形外科病棟

受傷後にどの程度まで回復を望まれているかについて患者さんやそのご家族と相談をして一番良い退院支援の方法を常に考えて、多職種で退院調整に力を入れています。

脳神経外科病棟

患者さんが今後の人生を自分らしく生きていくことができるように生活全般に渡って支援をしています。

外科病棟

患者さんが不安なく安全に手術を受けられるよう、サポートしております。

ICU/CCU部門

入院される患者さんの診療科は多岐にわたります。救急外来からの緊急入室対応や術後患者対応、さらに院内急変患者対応など、当院における最後の砦と言えます。

HCU部門

ICUと一般病棟の間に位置し、患者さんが安全に病棟に移動できるように治療を行います。総合内科、救急集中治療科と連携し、救急外来や院内の急変患者さんの受け入れも行います。

手術室部門

脳神経外科や心臓血管外科など8診療科のあらゆる手術に対応しております。医師、看護師、臨床工学技士ら医療チームが一丸となり、患者さんの生命と健康を守ります。

外来部門

小児から高齢者にいたるまでの幅広い年齢層の患者さんに対応しております。患者さんが安心して療養生活が送れるように、さまざまな事に取り組んでおります。

救急外来部門

常にトリアージ(緊急度判定)を行って緊急度や重症度の高い方から診療を行うようにスタッフ一同心がけております。

透析室

24時間救急患者の受け入れを行っている為、緊急入院への対応とともに、入院中の透析治療を安心して受けられるよう近隣の透析施設との連携を大切にしています。

メニュー