看護助手さんもチームの一員です!

東京ベイでは、たくさんの職種の人が病院を支えています。

病院といえば、医師と看護師、事務の方のイメージがあるかと思いますが、そのほかにも、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士をはじめとしたリハビリチームや放射線チーム、工学技士チーム、さらには情報セキュリティチームや経営チームなどあげればきりがありません。

そこで、看護部だけでも、もう少し詳しくご紹介をしたいと思いましたので、看護部に所属する多職種をご紹介させてください。

まずは、救急救命士さん!現在4名の救命士が病院で働いています。彼らの活躍はぜひ、過去の記事でご確認ください。そして、クラークさん!各病棟の看板として、ナースステーションで事務作業等を実施してくださっています。電話や事務処理は本当に助かっています。そして、看護助手さん!介護福祉士を含む46名の看護助手が当センターでは勤務していただいてます。

看護助手の主な仕事は、患者さんの移送から退院ベッドの作成など、多岐にわたっています。看護助手の役割は「療養生活上の世話」と定義されていますが、この療養生活上の支援は本当に患者さんにとって、「かゆいところに手が届く」お仕事なんだろうなと思っています。一緒に夜勤をやってもらうこともありますし、患者さんのために直接的なかかわりではなくても、本当に看護助手たちの力があるからこそ安全で安心な医療の提供につなげられているのです。

看護助手でもBLS(一次救命措置)のトレーニングを救急認定医に実施していただいております。医療の技術も学びつつ、患者さんの療養生活上の世話を実施することができるお仕事です。

東京ベイでは、看護助手にもキャリアがデザインできる教育システムを構築しています。初めての方でも不安なく始められるように、支援体制も充実しています。ぜひ一緒に働いてみませんか?

メニュー