必ずやってくる「いざ」に備える!〜HCU看護シミュレーションの鍵は「継続は力なり」〜

こんにちは!HCUナースです。
今回はHCUで定期的に行われるシミュレーションの様子について皆さんとシェアしていきたいと思います。
※HCU (High Care Unit ):高度治療室

前回もお話ししましたHCUには多くの重症患者さんが入室します。
(前回のHCU紹介についてのリンクはこちら)
そこで急変予兆はもちろん、急変時に強いナースを目指してチーム全体で日々精進しています。

今回密着したHCU定例シミュレーションは「BLS」です。
皆さん“BLS”は聞きなじみのない言葉だと思いますが、いわゆる病気で心停止になった人を救うために速やかに心肺蘇生(そせい)などの応急手当を行うことです。
※BLS (Basic Life Support )

“心肺蘇生” “AED” 聞きなじみのある言葉だと思います。
※AED (Automated External Defibrillator ):自動体外式除細動器

HCUではいかなる時でも早期に患者さんの安全を守るために、急変時に備えてシミュレーションを実施しています。

スタッフの熱い情熱がひしひしと伝わってきますね!
前回の記事にも登場したHCUのかわいい一年目達も真面目に取り組んでくれています。

このようなシミュレーションは1回のみならず、定期的に開催することで急変時に冷静に救命処置が行えるよう訓練しています。
医療従事者だけでなく、一般の方向けにもBLS講習が開かれているので是非興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

皆さんで地域の健康を守っていきましょう!

以上、HCUナースでした!

メニュー