「呼吸」に強い医療集団を目指そう!!~e-learningを活用して呼吸療法チーム全員でスキルアップ~

(※写真は合成加工しております)

みなさんこんにちは!呼吸療法チームです。今回は以前HCUの記事で紹介した院内呼吸療法認証制度について詳しく紹介します。

呼吸療法は日常業務のなかで最も身近で馴染みのある患者介入ではないでしょうか。しかし、呼吸療法と一言に言っても、酸素療法に留まらず、吸入療法や患者教育、あるいは人工呼吸管理など内容は多岐に渡っており、皆さんの悩みの種となっているのかもしれません。また、せっかく学習しようと思っていても、勤務をしながら時間を確保することは容易ではありませんよね?

呼吸療法チームと看護部では、学習場所を選ばず、好きな時間に自分のペースで学習を進められるe-learningでの学習環境を整えています。テーマ別に分かれていますので、自分が興味のあるテーマや苦手なテーマから始めることもOKです。

この制度は、国際標準を意識した呼吸療法に関する知識と技術を得たうえで実践に活かせるように作られています。残念ながら給与に関係する認証制度ではありませんが、学習内容は、解剖生理学や、酸素療法、吸入療法、人工呼吸管理など、幅広い内容を自分のペースに合わせて学習することができるので、今まで呼吸療法に馴染みのない方だけではなく、日常業務の復習としても活用できるものになっています。

シルバー認定とゴールド認定の2ステップに分けられており、シルバー認定はe-learningの講義とテストに合格することで取得することができます。シルバー認定取得後はゴールド認定者と一緒に9項目の演習を行い、全て修了すると晴れてゴールド認定となります。ゴールド認証まで達した人は、ゴールド認証のための演習・実践の確認者として登録されます。また、院内や各部署における呼吸療法の実践や指導者として活躍しています。

私自身、この制度を利用してみて面白かった内容は吸入療法です。ここで学習した知識によって、患者さんに合った薬剤デバイスの選択についてアセスメントできるようになり、日々関わる患者のケアや指導に役立てています。
今年度は呼吸療法チームメンバー全員の知識向上を目標に、看護師だけではなく、薬剤師や臨床工学技士、理学療法士、栄養士のメンバーも挑戦しています。(医師も任意で挑戦します)

また、エントリーしているメンバーのキャリアも、これからプリセプターになる方や、病棟リーダー、病棟師長と十人十色です!さまざまなキャリアの方々が挑戦しています!
認証されたスタッフは、ネームプレートにこのような認証のシールを付けています!!

かっこいいですね!当院で行われている呼吸療法の知識を身に着けた、スキルアップの証となります!

今はCOVID-19の影響もあり、集合研修が難しい世の中ですが、e-learningならその心配もなく、気軽に始めることができます。これから益々重要となってくる、”呼吸療法”を学びたい方、ぜひ東京ベイで一緒に呼吸に強い医療集団を目指していきませんか?

以上、呼吸療法チームでした!

メニュー