新天地で心機一転!手術室ナースから病棟ナースへ

こんにちは入職5年目の看護師です。私は現在、4月から入職した既卒看護師のフォロー担当をしています。6階は外科病棟であり、今年度の4月には新人看護師と共に既卒の4年目看護師さんが入職してきてくれました。福岡県出身の4年目看護師さんです。福岡では手術室で3年間働いていたそうで、病棟に勤めるのは今回が初めてでした。新人看護師と同じようにスタートラインに立ち、4月から本当に忙しい毎日が続きましたが、正直なところどんな思いを抱いて当院へ入職したか気になったため本人へインタビューしてみました。

Q:転職する前の当院のイメージはありましたか?

A:浦安、市川、江戸川区の広い範囲の患者さんを受け入れていると聞いて、地域の病院として多くの人に必要とされている場所だと思い試験を受けました。また面接の際に病棟経験のない私に「頑張りたい、学びたいという意思を応援したい」といっていただけたことにすごく温かみを感じて感動しました。

Q:病棟業務のイメージや今までの経験で活かせたことはありますか?

A:病棟業務は毎日多重課題をこなしながら走り回って、患者さんと一番近くで関われる場所というイメージがあります。元々病棟には興味があり、希望していましたが前職では手術室配属でした。外科病棟に転職したことで患者さんからの疑問や不安に対して具体的な手術の説明ができたり、自分自身が術式や術後の経過を想像しやすくなったり、「周手術期看護」をすべて学ぶことができたと感じます。

Q:病棟で働いてみて大変だったことはありますか?

A:手術室と病棟とでは求められることや業務内容も大きく異なり、新たな勉強はもちろん、「わからないことがわからない」ということに直面して悩みました。しかしフォローしてくださる先輩や同期、同い年の同僚に聞いたり相談して一つずつ解決していく努力をしました。

Q:外科病棟のいいところはありますか?

A:患者さんが手術等の治療を受けて全身状態が改善したり、患者さんが自分で創処置ができたり内服管理ができたり、変化に関われることはやりがいを感じます。

Q:初めての夜勤だったと思いますが、どうでしたか?

A:とても緊張しました。看護師が少なくなり受け持つ人数も多くなるため、より責任感が必要となり不安も多かったのですが、初めてはシャドーイング、その次は先輩にフォローしてもらいながら少人数から受け持ちをするなど順序だてて進めてもらえたので安心して働くことができていると思います。

Q:これから東京ベイで働きたい人たちに伝えたいことはありますか?

A:正直とても忙しい病棟ですが、スタッフはコロナ禍でもみんな同じ方向をむいて毎日楽しく協力しあっています。教育体制がしっかりしているため、私のように病棟経験がなくても安心して働ける職場です。

みんな最初はわからないことだらけで不安も大きいと思いますが、実際に既卒看護師のフォローをしてみて自分自身も初心に戻ることができ、教わったことを再確認できるなと感じました。東京ベイは、他の病院や病棟で培ってきた知識を活かすジェネラリスト、より専門性の高いスペシャリストの両方がおり、いろいろなことが学べて毎日新鮮です。

外科病棟ではありますが、内科の患者さんも多くおり、個々の看護師たちの得意分野を活かして看護師同士で教えあい切磋琢磨しながら患者さんと関わっています。皆様も東京ベイでたくさん学んで一人前の看護師を目指しませんか?

メニュー