オンコールってなんだろう?〜意外としらない手術室ナースの働き方〜

こんにちは、手術室です。
突然ですが手術室では病棟や外来の看護師とはまた違う働き方をしていることをご存じですか?
今日は同じ看護師でも質問の多い私達手術室看護師の働き方について説明します。

手術室は病院によって働き方が様々ですが、当院手術室は夜勤とオンコール体制を取っています。
オンコールとは、医療従事者が患者さんの急変時や、救急搬送時に勤務時間外であっても呼ばれればいつでも出勤できるように待機していることを指します。

平日は夜勤者1名とオンコールで対応し金曜日から土日、祝日はオンコールのみで対応します。
オンコールには 2種類あり日勤オンコールと休日オンコールがあります。
日勤オンコールは月曜から土曜まで適応されます。日勤を行なった後、時間外に残った手術や翌朝8時半までの緊急手術に対応します。
休日オンコールは朝8時半から翌朝8時半までの緊急手術に対応します。

オンコール業務は体力的にも精神的にも大変なことが多いです。手術する患者さんがいれば仕事に行かないといけないため、私もオンコールを取り始めた頃は夜あまり眠れませんでした。(今では慣れて熟睡していても、オンコール対応できます)
また、オンコール帯は日勤帯と違いスタッフも限られていますので、急変時やトラブルが生じた際も少ない人数で対応しなければなりません。

そして私達看護師は手術が終了し患者さんが退出しても、さぁ帰ろう!とはなりません。
日勤帯は器械や部屋の掃除を行ってくれる業者がいますが、オンコール帯はいません。
なので、看護師が器械洗浄、部屋の掃除、時には器械を滅菌する所まで行わなければなりません。この作業を終えてようやく帰宅できます。

これだけを見るとオンコールって大変な業務だな…と思われるとおもいます。
しかし私は、オンコールを取っているからこそ学べる事が沢山ありました。緊急で手術になるため、一刻を争う患者さんも多くいます。まだまだ先輩達のようにはいきませんが、限られた人数の中で自分が今何を優先して行うべきなのか、どんな対応をしたらいいのか、自ずとわかるようになってきました。

もちろん日勤帯にも緊急手術は入ってきますが、必ずしも自分がその手術につけるとは限らないので、そういった意味でもオンコールを取り、様々な症例を経験することはスキルアップにつながっていきます。

医療ドラマにもあるような場面が実際の手術室でも多く起こります。そこに登場する手術室看護師に(器械出し看護師など)かっこいいな、やってみたいな。など興味がある方はぜひ私達と一緒に働いてみませんか。

メニュー