正しい手洗いで感染予防☆~7階南総合内科病棟~

皆さんこんにちは。7階南病棟(総合内科)です。

年が明けてからも寒い日が続いています。みなさん風邪はひいていませんか?

立春も過ぎましたが、雪も降り、体感としては冬本番という感じですよね。

 

冬場の乾燥した季節では、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症が流行しやすいです。

内科病棟は二種感染症病床を4床有する総合内科病棟で、感染症の患者様を看る機会が多いため、スタッフ一同感染対策予防を常に行っております。

ご存知の方も多いと思いますが、感染症の多くは手を介して感染することがが多いため、感染症予防では「正しい手洗い」が非常に重要になります。

 

「1処置1手洗い」といって、1つの処置を行うごとに手洗いをし、感染しない・させないように、看護師だけではなく全スタッフ徹底して手洗いをしています。

 

ここで、正しい手洗いの方法をご紹介いたします。

1.流水でよく手をぬらした後、石けんをつけ、てのひらをよくこすります

2.手の甲をのばすようにこすります

3.指先・爪のすきまを念入りにこすります

4.指の間を洗います

5.親指と手のひらをねじり洗いします

6.手首も洗います

◎石けんで洗い終わったら、十分に水で流し、清潔なタオルやペーパータオルでよくふき取ります

 

手指の保湿もとても大事です。

手荒れの予防に、手洗い後は保湿もお忘れなく!

みなさんも、簡単にできる「手洗い」を行い、感染症から身を守りましょう!

~7階南病棟看護師~

メニュー