東京ベイ・浦安市川医療センターでは、救急集中治療科の専攻医(後期研修医)を募集します!

救急集中治療科では昨年度から基幹型病院として教育プログラムを実施しております。
重厚な教育体制を柱に、卒業までには研究や教える側としても成長できます。

専門医制度が定まるまで、正式なプログラムはまだ公開することができませんが、
まずは見学にいらして頂き、実際の現場やプログラムの紹介をさせてもらえればと思います。
病院見学のお申込みは、以下申込フォームよりお申し込みください。

 専攻医(後期研修医)病院見学 申込みフォーム

 

=================================
【問合せ先】
東京ベイ・浦安市川医療センター
診療支援課 研修センター事務担当
047-351-3101(代表)
=================================

以下、当院・救急集中治療科の詳細です。
当院ではER型診療を行っており、ここ数年は年間救急車は8,000台程度、独歩患者を 併せると30,000人程度の来院がコンスタントにあります。
現在応需率90%を超えて、内因・外因問わず様々な疾患を経験することができます。救急外来での蘇生・診断力を高めることができることを柱としながら、以下の特色も併せ持っています。

当院の集中治療部門は24時間体制で独立した部門にて運営しており、多くの内因性や手術症例が経験できます。教育回診、カンファレンス、講義なども多くあり病態生理に基づいたレベルの高い集中治療を身につけることができます。

また、千葉県のドクターヘリを運営している君津中央病院の研修で、充実したプレホスピタル研修を積むことができます。

スタッフと後期研修医併せて26名在籍しており、公私ともに相談に乗ってくれる先輩がたくさんおります。
当院の一番の特徴は”重厚な教育体制”で、ベッドサイドでの屋根瓦式教育体制(必ずスタッフが常駐しディスカッションします)、週一度4時間の教育カンファレ ンス、シミュレーションを行っています。
臨床研究も積極的に行なえ、国内外の学会発表や論文執筆の経験がつめます(臨床研究の経験があるスタッフが数多く在籍しています)。
アウトカム基盤型教育に則って達成目標を設定しその到達まで責任をもって寄り添います。

3年間のレジデンシー修了時には指導医としての臨床力はもちろんのこと、教育者としての能力を得ることを目標に、シミュレーションや教育プログラム作成などの知識を得ることも可能です。また最終学年ではスタッフ会議にも参加し、部門運営の方法を実践的に体験することもできます。

色々と忙しいですが、シフト勤務でプライベートな時間も確保しながら、皆といろいろ刺激的な生活を送ることができます。

給与等の待遇面については公益社団法人地域医療振興協会(経営母体です)の規定に従います。詳細につきましては、個人メールにてお伝えできればと思います。

臨床や人生を楽しめる先生、向上心を持っている先生を募集しています。
当院の研修を通じて、ER診療を中心とした集中治療も対応できる救急医を目指してみませんか。

(救急集中治療科)

メニュー