東京ベイ・浦安市川医療センターの新型コロナウイルス感染症に対する方針

  • 東京ベイ・浦安市川医療センターの方針は、一般疾患の患者さんを守り、新型コロナウイルス感染症に罹患した患者さんを守り、職員を守ることです。
  • 当院は地域の診療を担う基幹病院としての役割を担っております。医療の提供を中断しないことで、入院または通院されている患者さんに不利益が生じないように考慮します。
    同時に、新型コロナウイルス感染症の患者さんの受け入れの必要性も、行政の指導を基準に考慮します。職員の安全を守るために、標準的感染防御を徹底します。
    なお職員の感染が判明した場合でも、標準的ガイドラインに従って十分な措置を講じたうえで、外来および入院診療は継続する方針です。
  • 当院は第二種感染症指定医療機関です。行政からの要請で新型コロナウイルス感染症の患者さんを受け入れる場合は、日本環境感染学会が推奨する対策を実施します。なお、新型コロナウイルス感染症の患者さんが他の患者さんと接触する機会はありません。

東京ベイ・浦安市川医療センター

メニュー