室長からの言葉

臨床に強い臨床工学技士

東京ベイ・浦安市川医療センターの臨床工学室では「臨床に強い臨床工学技士」を目標に日々業務に励んでいます。臨床工学技士は医師の指示のもと生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業していますが、適切な生命維持管理装置の操作を行うためには相応の医学的知識を持ち、患者さんの状態を把握することが重要と考えています。地域の中核を担う急性期病院であり、各分野での業務量も多く業務時間も不規則なこともありますが、そのぶん非常に重要な役割を果たしています。その中でしっかりと知識と経験を積み、臨床に活かして患者さんへ「質の高い医療」を提供できるような熱意ある臨床工学技士を求めています。
ご興味のある方は是非見学へいらして下さい。

臨床工学室 室長 高橋 裕一

勤務体系

  • 勤務時間
    8:30-17:00(休憩45分)
  • 勤務日
    週休2日のシフト制
    ※夜間帯は当直およびオンコール体制
  • 部門
    血液浄化・機器管理・血管造影室・手術室(人工心肺)・内視鏡室
    各部門をローテーションで業務を行う。
    ※キャリアステップ例を参照
  • 室内会議
    2か月に一度全体会議を実施

キャリアステップ例

  • 1年目
    透析室業務
    機器管理業務
  • 2年目
    血管造影室
    急性期血液浄化下半期にはオンコールを持てるようにする。
    この間にも透析室や機器管理の業務も行い修練度を上げる
  • 3年目
    内視鏡室業務
    手術室業務ある程度の専門性を決めていく。
    当直業務開始。

活動実績

現在準備中です。

採用情報へ

募集要項の確認、申し込みはこちらから入ってください。

ページリンク ※現在ベージ準備中です。

新着記事

メニュー