ここまで進歩した心臓植込み型デバイス〜遠隔モニタリングシステムで暮らしの安心を支えます!〜

臨床工学室 高橋 裕一

心臓植込み型デバイスとは?

心臓の働きを補助するため体内に埋め込まれた機器の総称で様々な種類があります。

  • 植込み型心臓ペースメーカー
    徐脈性不整脈に対してペーシングによって脈を補う
  • 植込み型両室ペースメーカー(CRT-P)
    心不全に対して両室ペーシングを行う(徐脈ペーシングも可)
  • 植込み型除細動器(ICD)
    頻脈性心室性不整脈に対してショック治療を行う(徐脈ペーシングも可)
  • 両室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)
    CRT-PにICDの機能も兼ね備えており、ショック治療、両室ペーシング、徐脈ペーシングのすべてを行う
  • 植込み型心臓モニター
    24時間常に心電図を記録して失神などの原因を調べる

などがあります。

このような心臓植込み型デバイスを使用することで、多くの患者さんが、日常生活に戻ることができるようになり、QOL(生活の質)の向上にも繋がっています。

しかし、退院後もこれらが正常な働きをしているかを定期的にチェックしなければなりません。通常は病院でペースメーカーの設定変更や動作確認を行うプログラマーという装置を用いて、バッテリーの状態、リード情報、ペーシング設定、心内波形および閾値、不整脈検出や治療状況、心拍数ヒストグラムや身体活動度の生体情報など多くの項目をチェックし、必要があれば設定の変更を行います。

多くの場合、退院後から1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、以降6ヶ月〜1年のサイクルでチェックを行います。このため定期的に受診の必要性があります。
近年は植込み型デバイスの進歩と通信技術の進歩により、遠隔モニタリングシステムが一般化してきました。

遠隔モニタリングシステムとは?

植込み型デバイスを使用している患者さんの自宅に、専用の中継機器を設置することで、自宅から植込み型デバイスの情報を専用のサーバーへ送信し、病院で情報を閲覧できるシステムです。そのため、患者さんはデータを送信すれば(定期的に自動で送信もあり)、病院を受診することなく自宅にいながら、植込み型デバイスのデータが転送され、医師や臨床工学技士が解析することが可能となります。

また、アラート送信機能も備えているため、不整脈に対する治療があった場合やデバイスに不具合など発生した場合には、病院へ自動的にデータを送信します。このため異常などを病院側で早期発見することが可能になります。

遠隔モニタリングシステムのメリット

  • 送られてくるデータを定期的にチェックできるためデータの推移を把握しやすい
  • 緊急アラート送信により異常の早期発見につながり、病状悪化の早期発見につながる
  • 植込みデバイス外来待ち時間の短縮
  • 植込みデバイス外来の受診期間を延長することができる
  • 遠方にお住まい、施設入所中など来院が困難な患者さんへの対応が可能
  • 遠隔モニタリングシステムによる地域施設との連携

様々な分野での技術の進歩により、自宅にいながらデバイスが自動でチェックを行い、そのデータを病院へ転送することが可能になり、患者さんの情報がリアルタイムに把握できるようになりました。患者さんも増え解析の頻度が増えているため、今後も解析精度の維持に努め、患者さんの安全を第一に考え安心して日常生活を送ることができるように心掛けていきます。

メニュー