IVR科のご紹介

診療体制

IVR(インターベンショナルラジオロジー)は、治療の他、術前・術後の外来診療を行います。
IVR(インターベンショナルラジオロジー)は、腎動脈・透析シャントの経皮血管形成術、子宮筋腫塞栓療法、肝動脈塞栓、動注ポート埋め込み、喀血や消化管出血の動脈塞栓、胆管・気管・食道のステント、CTガイド下生検やドレナージなどを、日帰り・短期入院で行います。
放射線科を始め、関係他科と密接に連携し、最適な治療方針を提供します。

診療科の特色

IVR科は、外来診療、血管内治療(経皮血管形成術、経カテーテル動脈塞栓術、抗がん剤動注療法、内臓動脈瘤)・経皮的治療(胆道ドレナージ、CTガイド下生検、胆管・食道ステント内挿術、膿瘍ドレナージ)などの入院治療を行います。
フラットパネルシステム、320列CTなど、先端機器によりIVR(インターベンショナルラジオロジー)を行います。

治療方針

IVRは、低い侵襲で大きな治療効果が提供できるため、各疾患で活躍できます。
当院の特徴である各科との連携のよさを最大限に活かし、質の高い医療を提供するように心がけています。
また、診断不明例や適応の有無に関するご相談も、外来で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

外来診療担当医のご案内

当科の外来担当医表はこちらからご覧頂けます。

スタッフ紹介

舩越 拓

IVR科 医長

萩原 良哉

IVR科 医員

メニュー