心房細動による脳梗塞を予防するWATCHMAN(ウォッチマン)治療〜血のかたまりのできる心臓内のポケットを、薬を使わずに塞ぐためのチーム力〜

心房細動に対する新しい治療戦略~薬を使わずに脳梗塞を予防するWATCHMAN(ウォッチマン)治療~

循環器内科 天野 秀生

心臓の病気である不整脈の一つに心房細動という病気があります。心臓は上下左右4つの部屋で構成されており上方の部屋を心房、下方の部屋を心室と呼びますが、心房細動とは心房が小刻みで不規則な拍動(これを細動と言います)をする不整脈です。心房細動になると、血液がうまく送り出されずに心房の中で血液がよどみ、血のかたまり(血栓)ができてしまうことがあります。この血栓が心臓から送り出され脳の血管に到達してしまうと脳梗塞を発症してしまいます。

そのため、心房細動の患者さんでは“血液をサラサラにする薬(抗凝固薬と言います)”を服用することが推奨されていますが、消化管出血や脳出血などの出血リスクのため抗凝固薬の服用ができない患者さんもいます。そういった患者さんに有効な治療法がWATCHMAN(ウォッチマン)治療で、抗凝固薬を内服せずに脳梗塞を予防することを目的とした治療です。

図:心臓の中にできてしまった血栓(矢印)。これが飛んで行って脳の血管に詰まると脳梗塞を発症してしまいます。

ここからは、WATCHMAN(ウォッチマン)治療がどういったものか、説明させていただきます。心房細動で血栓ができるとお話ししましたが、血栓の9割以上は心房の中の「左心耳」という場所にできます。

その左心耳を塞いで血栓が遊離することを防ぐ治療がWATCHMAN(ウォッチマン)治療で、具体的には足の付け根の血管から細い管(カテーテル)を挿入して心臓まで到達させ、左心耳に直径2〜3cmの大きさで左心耳を塞ぐように設計されたデバイス(このデバイスの名前がWATCHMANです)を留置してくる、という治療になります。

WATCHMAN(ウォッチマン)治療は、カテーテル室で循環器内科医が行う治療ですが、この治療には看護師や放射線技師、臨床工学技士、生理検査技師などのコメディカルスタッフが欠かせません。まず、左心耳の大きさや形には個人差があるので、治療前の評価が非常に重要となります。その評価には心エコー図検査やCT検査が有用ですが、心エコー図検査には生理検査技師が、CT検査には放射検査技師が必要です。

図:心エコー図検査での左心耳の大きさの計測(左心耳は正円ではなく楕円形なので様々な角度から観察します)

また、治療中も様々なスタッフが関わってくれています。治療中は下の写真のように検査台の前には循環器内科医が立ってカテーテルを操作していますが、WATCHMAN(ウォッチマン)治療は全身麻酔での治療なので麻酔科医が必要不可欠で、また安全かつ確実な手技とするために経食道心エコー図検査の画像を見ながら治療を行うので心エコー医も欠かせません。

さらには、カテーテル室でX線透視を使用しながら行う手技ですので放射線技師の力が必要で、また物品の準備や血圧や脈拍などのチェックを臨床工学技士が、患者さんの状態の観察を看護師がそれぞれ担ってくれています。いずれのスタッフもWATCHMAN(ウォッチマン)治療の工程を理解し、治療がスムーズに進むようにそれぞれの工程で各々がしなければならないことを適切に行ってくれています。

WATCHMAN(ウォッチマン)治療は、日本では2019年9月から行われている比較的新しい治療ですが、安全かつ確実な手技となるようにトレーニングを受けた医師やコメディカルスタッフが一丸となって一人の患者さんの治療にあたっています。このチーム医療が我々東京ベイ・ハートセンターの強みだと自負しております。どうぞ、安心して東京ベイでの治療を受けられてください。

患者さんと医師をつなぐアンサングシンデレラを目指して~心臓病治療を安全に進めていくために~

薬剤師 小谷

みなさん、こんにちは。
病院薬剤師が何をしているのかご存知でしょうか?2020年にはドラマ・アンサングシンデレラでもピックアップされ、”病院薬剤師”という職業が世間の方に知っていただくきっかけになったのかな…と思いますが、少しだけご紹介させて頂きます。

病棟では患者さんのアレルギー歴、副作用歴、サプリメント・一般用医薬品の使用歴の確認をする初回面談を行います。これは入院中に使用する薬剤を安全・適切に使用するために実施します。また、入院前の服薬状況についても確認します。

患者さんにお話を伺うと、
「朝ご飯食べないから、朝の薬飲み忘れちゃうんだよね〜」
「この薬飲んでも全然効かないから、勝手にやめちゃってるんだ〜」
「最初はお薬2種類だけだったけど、どんどん増えてって、管理するのが大変」など・・・・ 悩みは尽きないようです。
皆さんはお家に薬を溜め込んでしまってないでしょうか?なかなか相談できずに困っていませんか?
そんな時は是非、病棟薬剤師に相談してみてください。

  • 生活が不規則で朝食を食べない、忙しくて忘れがちな人 → 服用タイミングを変え、必ず飲めるという時間帯に変更(お薬の種類によります)
  • 薬の数が多くて大変 → 一包化といって、薬を服用時点ごとにワンパックにできます。飲み忘れ、飲み間違い防止につながります。

患者さんの悩みは様々ですが、薬を続けやすくするお手伝いをするのも薬剤師の大切な役目です。

現在私が担当している循環器内科には、主に心臓や血管に問題がある患者さんが入院してきます。入院患者さんで多くみられるのは、心房細動といって心臓が不規則な動きをしてしまう病気です。心臓が不規則な動きをすることで、血栓ができやすくなります。血栓が血管を通って他の場所に運ばれないために、血液をサラサラにする薬を飲むことで防ぐ方法や、上で天野先生がお話ししているように、そもそもの血栓の原因自体を取り除くWATCHMANを使用した左心耳閉鎖術という方法などがあります。

WATCHMANの適応となるのは、非弁膜症性心房細動の患者さんで血栓ができないよう血液サラサラの薬を飲むことが必要にも関わらず、出血のリスクが高く、長期間の内服が難しい方や、血液サラサラの薬をきちんと飲んでいるにも関わらず、脳梗塞などを起こした方です。
WATCHMANを留置してから、45日後までアスピリン+抗凝固薬、45日~6ヶ月アスピリン+チエノピリジン系薬、6ヶ月~アスピリン単剤と段階を踏んで薬の種類を変え、最終的には薬の種類を減らすことができます。

血栓ができてしまうなどの有害事象が起こらないためにも、退院後の薬を正しく飲むことがとても大切です。自己中断は血栓のリスクとなってしまいます。
入院中だけではなく、退院してからもお薬とのお付き合いは続いていきます。何か薬で困っていることがあれば、いつでも相談してください。
一緒に薬を続けていく方法を探していきましょう!

メニュー