東京ベイの下肢血管治療チーム~自分の足と長く歩んでいくため~

<閉塞性動脈硬化症とは~医師の視点から~>

循環器内科 医師 浅野和宏

  • 歩くと足に疲れや痛みが出て歩けなくなるが、休むとよくなる。
  • 足が冷たく色調が紫色や黒色になっている。
  • 指先やかかとにできた傷がなかなか治らず、傷が徐々に拡がっている。

このような症状でお悩みではありませんか。

心臓や脳の血管が動脈硬化で狭くなり詰まることで心筋梗塞や脳梗塞を発症することはよく知られていますが、足の血管も例外ではありません。足の血管が動脈硬化の進行により、血液の流れが悪くなり上記のような症状が出る病気を閉塞性動脈硬化症といいます。一定の距離以上を歩くと足に痛みが生じて歩けなくなったり、さらには足への血液の流れが著しく低下し、安静時にも痛みが出たり、皮膚に潰瘍が生じ細菌が感染し壊疽にまで進展し、足の切断が必要となることも稀ではありません。

また症状は足だけではありません。閉塞性動脈硬化症の患者さんは全身の動脈硬化が進行していることが多く、半数の方が心筋梗塞などの心臓疾患、4分の1の方が脳梗塞などの脳血管疾患を合併しているといわれ、心臓や脳の疾患が原因で死に至ることもあります。

そのため、閉塞性動脈硬化症をきちんと診断し、必要があれば適切な治療を行うことが非常に大切です。治療の内容は進行の程度で異なりますが、歩行機能の改善を図るための運動療法や禁煙を含めた生活習慣の是正、また動脈硬化の危険因子である高血圧や糖尿病などに対する治療を行います。

さらには、狭くなっていたり詰まっている血管を直接治療する血管カテーテル治療やバイパス手術などもあります。症状を改善させ、足の切断を回避し、患者さんが「いつまでも自分の足と長く歩んでいく」ために、医師・看護師のみならず、薬剤師・理学療法士・栄養士などの様々な職種からなる下肢血管治療チームで患者さん一人一人に合った治療を行う必要があります。

東京ベイにおいても、疾患に精通したスタッフでフットケアチームを構成し、全ての足病患者さんに自分の足と長く歩んでいただくため、24時間365日の体制で一丸となって治療にあたっています。いつでもお気軽にご相談ください。

<フットケアチーム活動のご紹介~診療看護師の視点から~>

循環器内科 診療看護師 有阪光恵

当センターでフットケアチームが発足して約2年半になります。まだ、発足してから日の浅いチームではありますが、職種を超えたチーム内の結束力の強さはほかのチームと引けを取りません。仲間医師をはじめとする循環器内科医師と皮膚・排泄ケア認定看護師(WOC)、診療看護師で患者さんのもとへ回診をしていますが、総合内科や腎臓内科そして病棟看護師、理学療法士など多職種でタッグを組んで患者さんを全力でサポートしています。

当科へは様々な足のトラブルをかかえている方がいらっしゃいます。「深爪してしまった創が治らない」「靴擦れが治らない」など創のトラブルも様々です。足の創の陰には、全身の動脈硬化(全身に血液を供給する血管が、何かしらの原因で狭くなったり、硬く変化してしまう病気:日本生活習慣病協会ホームページ)や糖尿病が影響している可能性があります。私たちフットケアチームは、足の創を診るだけではなく、患者さんの全身を診て介入しているチームです。

下肢の血流検査や血行再建治療と並行して、早期から足のケアへの介入を開始します。軟膏や保湿剤の薬剤調整、同じ創を作らないために爪の切り方や靴の調整、栄養管理や筋力維持・増進のためのリハビリテーション、血糖コントロール、必要時心臓カテーテル検査など、その患者さんの状態にあわせ、チームでディスカッションし、個々の患者さんへ治療介入しています。

また、入院中は創がよくなったけれど、自宅へ帰ってまた同じような創ができてしまったということにならないよう、患者さんそれぞれの生活背景を理解し介入していくことがとても重要だと考えています。糖尿病による合併症やご高齢の患者さんは、視野障害をかかえていることも多く、実は足元がぼんやりとしか見えていないということもあります。入院中に、どこまで患者さん自身でできるのか、ご家族や在宅サービスなど誰か人の手を借りる必要があるのかなど把握し、退院後につなげていくことが再発を予防し、新たな問題の早期発見・早期治療につながると思っています。

先日、他の病院で足の血流が悪く、創の状態も良くないので足は残せないかもしれないと言われた患者さんが無事に当センターから退院となりました。入院期間は長期になりましたが、その患者さんへチームで関わらせていただき、度重なる治療を終え、装具を使用しながらも自分の足で歩いて退院する姿にとても感動しました。その患者さんが、「自分の足で歩いて帰れるなんて思わなかった。夢みたいだ。」とおっしゃっていたのがなにより印象的でした。

“自分の足”と末長くともに歩んでいけるよう、当センターフットケアチームがサポートさせていただきます。「足の創がいつまでも治らない」、「足が冷たい、色が悪い」、「足が痛い」などのお困りの症状がありましたら、是非当センター循環器内科をご受診下さい!私たちが、全力でサポートさせていただきます。

※治療後の患者さん歩行練習の風景(撮影許可あり)

メニュー