閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症とは、動脈硬化により足の動脈に狭窄や閉塞をきたす病変をいいます。近年、高齢化や生活習慣の変化に伴い動脈硬化をきたす疾患は増加しており、この疾患は狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患や脳梗塞などに多く合併することが知られております。この疾患は無症状で病状が進行することが多く、症状が出た時に適切な治療を行わないままにすると、最悪の場合は血流の悪い手足を切断しなければならなくなるかもしれません。

1. 閉塞性動脈硬化症とは

足に動脈硬化をきたす疾患を閉塞性動脈硬化症といいます。閉塞性動脈硬化症では歩行中に下肢の痛みのため歩けなくなる症状(間歇性跛行)が徐々にでてきます。閉塞性動脈硬化症の患者さまで間歇性跛行をもつ方は、心疾患や脳血管疾患も合併する方が多いため注意が必要です。とくに、糖尿病、高血圧症、喫煙家、高脂血症はこの疾患の重要な危険因子であることが知られています。

2. 閉塞性動脈硬化症の検査

閉塞性動脈硬化症の検査としてまずは触診があります。触診では、足のつけ根、膝の後ろ、くるぶしの内側、足の甲などの脈が触れるかどうかを調べます。脈が弱いもしくは触れないときは足の動脈に狭窄・閉塞病変が疑われます。次に、ABI(ankle brachial index)があります。この検査は、腕と足首の血圧を測って比較する検査で、数分で痛みもなくできる簡単なものです。腕に比べ足首の血圧が低いときは、この病気が疑われます。その他に、画像検査として下肢エコー、CT、MRIなどを用いて、病変の場所や程度などを調べることができます。これらは外来で検査することが可能です。

3. 閉塞性動脈硬化症の治療

基本的な治療は下肢の末梢に正常に近い血液の流れを回復してあげることです。軽症の場合には薬物療法や運動療法で症状の改善が期待できます。しかし、内服治療で改善が見込めない場合や重症であるときなど、血管カテーテル治療により血管の狭窄・閉塞病変を直接広げる経皮的末梢動脈形成術が適応となってきます。この治療の良い適応は、腸骨動脈領域や短い浅大腿動脈領域の病変ですが、近年治療デバイスの改良と手技の向上、低侵襲であることより、治療適応の範囲が広がってきております。また、これらの治療が困難な場合には、外科的に自分の静脈や人工血管を用いたバイパス手術や内膜剥離術も適応となります。最近では、カテーテル治療とバイパス手術(内膜剥離術)を組み合わせたハイブリット治療も行われております。

(文責:奥村弘史)

メニュー