内科 専門研修プログラム紹介

  1. ホーム
  2. 内科 専門研修プログラム紹介

新着記事

内科 専門研修プログラムについて

総合内科部長 平岡 栄治

東京ベイ・浦安市川医療センター内科後期研修プログラムに興味を持っていただきありがとうございます。総合内科医、中でも地域医に役立つホスピタリスト(病院総合内科医)を育てることに重点を置いています。ホスピタリストとは病院で外来、一般病床、集中治療室での医療行為を行い、さまざまな複雑な健康問題を抱える患者さんに対応できる医師です。臨床能力だけでなく教育力、チームリーダー力、コミュニケーション能力をもった医師を育てることを目標としています。診療所、大学病院などの高次医療病院、リハビリ病院、長期療養型施設など、さまざまなリソースとの連携を行い地域の中での役割を果たすこと、他科や多職種との連携を行い院内での役割を果たすことがホスピタリストには求められます。この役割を十分に果たし目の前の患者さんにベストケアを提供する力を身に着けるような知識とスキルを身につけるプログラムを作っています。興味ある方は是非見学に来てください。

総合内科プログラムディレクター 江原 淳

当科では開院以来今日に至るまで、幅広い内科研修を行うことをコンセプトとして総合内科制度を敷いています。総合病院における内科外来~急性期入院病棟診療を、各科別ではなく総合内科として横断的に診療・教育することに重点を置いおり、専攻医は総合内科のチームの一員として全ての内科系入院を担当し、各専門科がコンサルタントとしてチームメンバーになってくれます。この体制により各専門内科の指導医と総合内科指導医との2人指導医体制という、非常に充実した教育環境を整えています。3年間の研修プログラムは決して楽ではありませんが、臨床・教育・マネジメント・研究や執筆などのトレーニングを体系的に身に着けることができるよう、総合内科のみならず院内の各専門科の方々からも大変なご理解とご協力をいただいており、非常に働きやすく活気のある雰囲気です。当院はまだ歴史も浅い病院ですが、その分当初より世界水準を意識した臨床・教育体制を目指し、皆で作り上げ、今後もさらに発展させていくつもりです。ぜひ私たちと一緒に理想の総合内科研修プログラムを作り上げませんか。皆様のご見学をお待ちしております。

指導医紹介

プログラムを担当する総合内科医師はこちらからご覧ください

内科専門研修プログラムのご紹介(新専門医制度準拠)

プログラムの期間とコース内容

当科の後期研修は3つのコースがあります。
1.総合内科コース
2.救急総合内科コース
3.サブスペシャリティ重点コース

・ローテートは大きく総合内科コース(基幹2年間+連携1年間)、救急総合内科コース(基幹1年6ヵ月+連携1年6ヵ月)とサブスペシャリティ重点コース(基幹1年6ヵ月+連携1年6ヵ月)に分けられます。
・各コースは応募時に希望に応じて割り振られ,原則として研修途中でのコース変更はできません。
・東京ベイ・浦安市川医療センターでは総合内科チームが全ての内科系入院症例を担当し、各専門科がコンサルタントとしてチームに加わる体制をとっています。この体制により総合内科ローテートを行うことで内科系各専門科疾患を幅広く経験することができ、総合内科指導医と専門科指導医の2人指導医体制により、バランスの取れた指導を受けることができます。
・原則として全員が1年目にJMECCを受講します。やむを得ない事情により受講できない場合には2年目に受講します。
上記は例であり、具体的な時期は各専攻医毎に調整され異なります。

総合内科コース

・東京ベイ・浦安市川医療センターにて、3年間で計24ヶ月の研修を行います。
・3年間で計12ヶ月の連携施設での研修を行います。伊東市民病院・三重県立志摩病院・市立大村市民病院では内科系救急初療~急性期入院診療、内科外来などを中心に研修を行います。また基幹施設に無い専門科の研修のために、1年目後半~2年目にかけて連携施設の一つである㈱麻生飯塚病院にて3か月間の研修を行います。選択科は血液内科・神経内科・膠原病内科・肝臓内科・呼吸器内科・総合診療科などが対象となります。
・連携施設12か月の内訳は、伊東市民病院・三重県立志摩病院・市立大村市民病院で計9ヵ月、㈱麻生飯塚病院で計3ヵ月です。
・3年目の3ヵ月は専攻医の希望に応じた各サブスペシャリティ研修を行います。ただし研修カリキュラムに定められた研修要件が十分に満たされていることが前提となります。

救急総合内科コース

・基幹施設である東京ベイ・浦安市川医療センターにて毎年3ヵ月の総合内科研修と3ヵ月の各専門科研修を行います。専門科研修の選択先は基幹施設である東京ベイ・浦安市川医療センターの各専門科が対象となります。選択する専門科は専攻医の将来のキャリアを考慮し、相談の上決定されます。
・毎年6ヵ月は地域の救急医療の最前線を担う静岡県の伊東市民病院または三重県の県立志摩病院にて、内科系救急初療~急性期入院診療、内科外来などを中心に研修を行います。
・3年目の3ヵ月は専攻医の希望に応じた各サブスペシャリティ研修を行います。ただし研修カリキュラムに定められた研修要件が十分に満たされていることが前提となります。

サブスペシャリティ重点コース(循環器内科・消化器内科・腎臓内科)

・基幹施設である東京ベイ・浦安市川医療センターにて毎年3ヵ月の総合内科研修と3ヵ月の各専門科研修を行います。入職時に専門科を決め、毎年3か月はその専門科研修を行います。サブスペシャリティ重点コースが設定される科は、循環器内科・消化器内科・腎臓内科の3科です。
・毎年6ヵ月は地域の救急医療の最前線を担う静岡県の伊東市民病院または三重県の県立志摩病院にて、内科系救急初療~急性期入院診療、内科外来などを中心に研修を行います。

※サブスペシャリティ研修について
基幹施設である東京ベイ・浦安市川医療センターの総合内科は大内科制を敷いており、内科系の全ての入院患者を総合内科で担当します。症例ごとに総合内科指導医と各専門科指導医の2人指導医体制を敷いているため、総合内科ローテート中に各科サブスペシャリティ研修と比較して遜色のない、十分な症例経験が可能です。各専門科研修では更にサブスペシャリティに特化した研修(手技やコンサルト業務等)を行います。

研修施設群の各施設名

基幹施設:東京ベイ・浦安市川医療センター
連携施設:伊東市民病院、三重県立志摩病院、市立大村市民病院、株式会社麻生 飯塚病院
特別連携施設:西吾妻福祉病院

プログラムの特色

1. 基幹施設である東京ベイ・浦安市川医療センターと各連携施設はすでに数年間に及ぶ複数の医師派遣・交流の実績があり、各施設で共通した一定水準以上の臨床・教育を行うことが出来ます。3年間のうち1年6ヵ月~2年間を基幹施設で、残りの1年~1年6ヵ月を連携施設で研修を行います。超急性期~慢性期まで経験できる様々な領域を備え、各領域の第一線で活躍してきた豊富な臨床経験を持つ指導医の適切な指導の下で、内科専門医制度研修カリキュラムに定められた内科領域全般にわたる研修を行います。

2. 東京ベイ・浦安市川医療センターでは総合内科チームが全ての内科系入院症例を担当し、各専門科がコンサルタントとしてチームに加わる体制をとっています。この体制により総合内科ローテートを行うことで内科系各専門科疾患を幅広く経験することができ、総合内科指導医と専門科指導医の2人指導医体制により、バランスの取れた指導を受けることができます。また総合内科と専門科の密接な連携によるよりシームレスな医療を提供することができ、専攻医はそのチームの一員としてそれぞれの視点を経験し身に着けることができます。

3. 本プログラム研修施設群では主にチーム制の診療体制による屋根瓦式の教育体制を構築しています。各チームで専攻医は責任担当患者を割り当てられることにより、適切な指導の下に入院から退院まで一貫した、より主体的な研修を行うことができます。

4. 基幹施設である東京ベイ・浦安市川医療センターは千葉県東葛南部地区の中心的な急性期病院です。年間救急搬送受け入れ台数は千葉県内でもトップレベルであり、豊富な急性期疾患かつ市中病院ならではのコモンディジーズを幅広く経験できます。患者層も若年~超高齢者まで幅広く様々です。

5. 各連携施設では内科系急性期の救急初療~重症管理、医療連携による高次医療機関への搬送を行う側からそれを受け入れる側、また定期外来・往診などまで含めた、非常に幅広い、各施設の得意分野を生かした研修を行い、幅広い視野とスキルを身に着けることができます。

6. 本プログラム連携施設群での研修により「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた70疾患群のうち、少なくとも通算で56疾患群、160症例以上を経験し、日本内科学会専攻医登録評価システム(仮称)に登録できます。可能な限り、「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた70疾患群、200症例以上の経験を目標とします。

後期研修医の声

小島俊輔

略歴:2011年千葉大学医学部卒業。手稲渓仁会病院にて初期研修、2013年度チーフレジデントを務める。2014年度より東京ベイ・浦安市川医療センター総合内科後期研修プログラム所属。2015年度内科系ベストレジデント。2016年度総合内科チーフレジデントを務める。
当院は2012年に開院した、千葉県浦安市にある344床の急性期病院です。北米式も研修システムを取り入れた指導体系に基づいていますが、その目的は渡米前のトレーニングや病院の米国化ではありません。国際標準を学び世界に通用する医師を育成すること、そして当院が世界の標準医療を日本の地域に浸透させていく発信源になることを目指しています。

■バランスに富む症例への曝露、総合内科と専門科の連携
診療・教育体制はチーム制を採用しています。初期研修医1名・内科系専攻医2名と指導医1名の4人1チームの屋根瓦式です。総合内科として、常時120人~150人程、年間で約4500名の急性期から慢性期の内科症例を担当します。内科系の入院患者はすべて担当し、各専門科と連携をとり、フィードバックを受けながら診療を行います。現在内科系では30名程度の後期研修医がおり、総合内科・救急外来・集中治療・地域研修・専門科選択研修を組み合わせたホスピタリスト養成コースを展開しています。

■充実した教育カンファレンス、レクチャー、臨床研究
毎朝行われる臨床推論カンファレンス、循環器とのカンファレンス、各専門科レクチャーによるレクチャー。週一回のジャーナルクラブに加え、夕方のカンファレンス(循環器、老年医学、M&M、倫理)も充実しています。初期~後期研修医による症例提示はほぼ毎日行われ、各専門医、スタッフ医師からの質問、フィードバックが飛び交います。当院の特徴の一つである倫理カンファレンスでは、言語化しにくい複雑な問題をエビデンスに基づき、決まった手法で多職種で考えます。臨床研究や論文の執筆の機会も豊富です。
将来専門医に進むあなたにとっても、総合内科的な礎を築く絶好の場となると確信しており、そのために日々努めています。

遠藤慶太

略歴:2011年旭川医科大学医学部卒業。手稲渓仁会病院にて3年間の初期研修修了後、2014年度より当院総合内科後期研修プログラム所属。2014年度内科系ベストレジデント。2016年度総合内科チーフレジデントを務める。

私が当院での後期研修2年を振り返って感じる研修の魅力は下記の3点です。
1豊富な症例と、専門疾患も含めて内科で管理すること
当院総合内科の最大の特長は、その他の総合病院なら専門科が見るような疾患(詳細は上記プログラム説明のとおりです)を管理させて頂ける環境だと思います。
専門性の高い病気であっても常に専門科医が併診しているため、気軽に相談できるのもまた当院の魅力だと感じます。幅広く内科系入院患者の管理を行いたい、いわゆるHospitalistを志望する方にとってはこれ以上ないと言っていいほど恵まれた環境であると私は見学時から感じましたし、実際入職した後もその印象は変わっていません。
初期・後期研修医1~2名、フェローまたはスタッフでの少人数制のチームになっており、屋根瓦式で教育をする、受ける機会にも事欠きません。
2豊富な指導医陣とカンファレンスの充実
毎朝の症例カンファあるいは専門科(循環器・代謝内分泌内科・腎臓内科・消化器内科・集中治療科)レクチャーを通して、症例のプレゼンテーション能力のみならず、同じ議題であっても大切なことを繰り返して何度もトピックとしてあげて復讐することで、「新しい知識」から「当たり前の知識」へと昇華させています。
吐下血、STEMIやNSTE-ACS、頻脈や除脈などの不整脈、AKI、感染症全般やOncologicemergencyなど、重要なことは年間を通して何度も繰り返して復習し、その都度 Comerstoneとなるガイドラインや文献をメーリングリストで共有して全員が定着させていきます。初めは自信を持って答えられないことでも、繰り返していくうちに「当たり前」になっていくのは、とても教育効果として高いものと思います。特に循環器専門医が常にいてくださる中での循環器カンファは毎朝あるため、心電図、エコーやカテーテル所見、疾患マネージメントも含めて濃厚に学ぶ機会があると感じます。
また、治療方針決定に際して困難が生じる症例(高度認知症、脳梗塞・心不全・COPDなどの終末期など)であっても迷った場合は内科の平岡部長をはじめとした指導医陣に相談し、改めて本人の状態や家族の状況などを加味してアドバイスを頂けることは非常に貴重だと感じています。

総合内科短期研修

当科では総合内科の短期研修をご希望される初期研修医・後期研修医(卒後6年目以降でも可)の方を募集しております。有意義な研修にしていただくため研修期間は2-3ヶ月またはそれ以上をお勧めしておりますが、ご要望に応じてある程度のアレンジは可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

短期研修修了生の声

田邉菜摘

略歴:2013年卒。東京慈恵会医科大学附属病院にて初期研修修了後、2015年4月から当院での短期研修(総合内科7ヶ月、ICU3ヶ月、聖マリアンナ救急1ヶ月、米国留学1ヶ月)を修了。2016年4月より明石医療センター総合内科勤務。米国内科レジデンシーのマッチングに参加する。

2015年4月から1年間東京ベイに短期研修生として在籍し、GIMとICUをローテートさせていただきました。私は米国への臨床留学を目指しており、留学前の臨床力を高めるため、そして米国スタイルの医学と教育に触れるために東京ベイで1年間の短期研修を選択しました。
大学での初期研修では腎臓、内分泌、神経内科しか選択していなかった私にとって、東京ベイのGIM研修は短期間であらゆる疾患、症例数に暴露される環境としてこの上ないプログラムでした。特に、他病院では各専門内科が管理することの多い循環器内科や呼吸器内科、消化器内科の急性期の管理を、部長の平岡先生をはじめとした非常に教育的な上級医の指導のもと主体的にやらせていただけたことが良い経験となりました。急性期から慢性期、さらには終末期医療まで、各内科疾患を満遍なく常に診ることができて偏りなく広い内科の知識と経験のスキルアップをさせることにつながりました。
また、12ヶ月のうち3ヶ月ICUローテートをし、心臓外科~脳外科~内科にわたりあらゆる科の重症管理についても経験する機会をいただきました。大学病院では経験することの少なかった手技や急変対応を多く経験することができました。また日々のラウンドでは、部長の則末先生をはじめとした、ICU医師の指導のもと系統だった鑑別、診断、治療を進めていく中で、自身の知識や思考の整理を行いながら洗練された臨床を経験することができました。また、英語でのプレゼンテーション指導もあり、臨床的な部分だけでなくプレゼンの仕方や医学英語の細かい使いわけについても教えていただき、臨床留学を目指す私のニーズとレベルに合わせた指導をしていただきました。
素晴らしい指導医と、やる気に満ち溢れるフェロー・レジデントの中での日々は非常に充実しています。短期間で内科の全体的なスキルアップと経験を積みたい方にとって、東京ベイでの短期研修は何ものにもかえがたい日々となると思います。

盛實篤史

略歴:2007年卒。高知医療センターで初期研修後、高知県内各地で地域医療に従事。2014年4月から2015年3月まで1年間の当院での短期研修(総合内科6か月、ICU4か月、救急科2か月)を修了。2015年4月より国保梼原病院、高知医療センター勤務

東京ベイ・浦安市川医療センターでの研修を終えて
2014年度の一年間を東京ベイ・浦安市川医療センターで研修させていただきました。ICU、総合内科、救急科をローテートし、各界をリードされる指導医の先生方から御指導をいただきつつ、日本にいながらにして米国式医学教育、研修を受けることができました。各科において豊富なカンファレンスやレクチャー、日々のフィードバックを受け、医学的知識の向上は勿論のこと倫理面にも配慮した医療を学ぶことができ、総合診療を下地とする私にとって飛躍的な一年となったと感じています。また、雑誌等の編集や執筆をされておられる先生も多く、情報を発信する側にいられたことも、新たな経験でした。
所属されている先生方の意欲や向上心はとても大きく、特に同世代の方々との出会いは私にとって何物にも代えがたいものです。この出会いを大切にし、これからも何らかの形で共に活動ができましたら素晴らしいことだと感じています。
これから総合診療を学ばれる先生方も、各専門科に進まれる先生方にとっても、エビデンスに基づいた体系的な教育指導を受けられる病院として、東京ベイ・浦安市川医療センターは非常に魅力的な病院なのではないかと思います。
最後になりましたが、貴重な機会をいただきました皆様に心から感謝申し上げます。

廣瀬知人

略歴:2004年卒。日本医大千葉北総病院で初期研修後、2006年より筑波大学総合診療科後期研修、2010年より同スタッフ、筑波メディカルセンター病院総合診療科勤務。2013年10月より1年間 聖路加国際病院腎臓内科、2014年10月より半年間 当院総合内科短期研修を修了。2015年より筑波メディカルセンター病院総合診療科長。

2014年10月よりICUを3ヵ月間、GIMを3ヵ月間研修させて頂きました。どちらにも共通して言えることは、米国内科専門医を始めとするスタッフによるエビデンスを踏まえた米国式内科研修が実践されており、エビデンスの解釈から使い方の吟味、臨床への応用まで、研修医から指導医までが統一した意識を持つことで、それを臨床の現場で有効に活用できる場があることでした。また、他科とのコミュニケーションも非常にとりやすい基盤が出来ており、診療においては自ら 1st touchで診療を行い、専門科からも教育が受けられるという協力体制ができており、専門的加療に関しても内科からの相談に対して各科とも非常にアクティブに診療協力をして頂け、非常に働きやすい職場環境が出来ておりました。特に循環器内科に関しては毎朝合同カンファレンスで勉強の機会が設けられており、自分としても大きく力を伸ばせた分野であると思いました。
また、それぞれの場で感じた大きな特徴として、ICUでは部長の則末先生による米国式closed ICUでの診療が確立しており、他ではなかなか学ぶことのできない洗練されたICU研修を受けることが出来ました。ここでは系統だった診療、鑑別、治療を行うことで、常に思考が洗練された状態で確実なプラクティスを身につけることができ、今後の診療への大きな力を身につけることが出来たと感じました。
GIMおいては部長である平岡先生によるethicalな教育が印象的でした。GIMでは必ず患者さんの今後の治療方針、急変時や心肺停止時の対応、方針決定などで悩んだり困ったりする機会に遭遇しますが、平岡先生の考え方やプラクティスは今までの自分のそれとは一線を画す「深い」ものでした。真に患者さんの「死生観」を探求し、周囲との協力のもと患者さん本人にとっての人生を全うできるようshared decision makingを図る、その姿勢や考え方に非常に学ぶところが多く、今後も自分の中でその力を磨いていくための大きな基盤を得ることができたと感じております。
本年度からは筑波大学に戻りGIMを続けますが、ここでの研修を糧にさらに自分を進化させ、より良いGIM研修の場を筑波でも展開できたらと思っております。その基盤作りという面においても、東京ベイはとても参考になることが多い病院であったと思います。

杉崎陽一郎

略歴:2010年卒。神戸大学付属病院にて初期研修修了後、神戸赤十字病院循環器内科に所属し2013年4月-2014年3月まで1年間の当院総合内科短期研修を修了。2014年4月より神戸赤十字病院循環器内科勤務

2013年度の1年間を東京ベイ・浦安市川医療センター(TBMC)の総合内科後期プログラムの短期研修(総合内科6ヵ月、ICU3ヶ月、地域医療研修3ヶ月)で勉強させていただきました。この1年は自分の医師人生の中で内科医として、非常に大きな意味を持つ一年になったように思います。日常の臨床で患者さんの超高齢化に伴い併存疾患の管理を始め、全身を診る、「人」を診ることの大事さを痛感することが多くありました。そのため、TBMCの門戸をたたきました。
TBMCでは日本をリードする各科指導医の先生方と日々一緒に働くだけでも得るものは大きいのですが、米国式の教育を日本にいながら受けることができます。屋根瓦式の指導体制やチームラウンド、豊富なカンファレンスやレクチャー、日々のフィードバック、どれをとっても一線を画した水準で行われています。また日本のこれからの総合内科を背負って立つであろう同世代の仲間たちや現在リードしている指導医の先生が集まっています。これから総合内科を目指す人にはもちろんですが、将来専門分野にすすむことを決めている先生方にも内科医としての素地をつくるために、こんなに適した病院はないと思います。今後、ますますの高齢化に伴いgeneral mindを持つspecialistがより必要性を増すのではないかと感じていますが、そのgeneral mindを勉強し身につけるためには、間違いなく日本で最高峰の病院だと思います。

五十野博基

略歴:2008年卒。筑波大学附属病院初期研修修了後、2010年より同病院総合診療科後期研修、2013年に一年間の当院総合内科の短期研修を修了。2014年より水戸協同病院総合診療科および筑波大学大学院人間総合科学研究科地域医療教育学に所属

私は、大学病院の初期・後期研修医として研修した後、卒後6年目に東京ベイ・浦安市川医療センターで総合内科6ヶ月、集中治療科6ヶ月の短期研修を行いました。
総合内科では、水戸協同病院と近いシステムで、ICUを除く内科全患者の入院管理を行います。米国内科専門医をはじめとする教育熱心なアテンディングの下で、常に世界標準のエビデンスを確認しながら診療を行いました。日々のカンファランスや勉強会では、レジデント中心に準備をし、他のレジデントへ披露する。全員で学び、高め合う姿勢が印象的でした。
集中治療科では、by systemの回診が特徴的です。毎朝統一された流れで頭から足先まで全身を評価してproblemを挙げ、病態生理に則った鑑別診断を考え、アクションにうつします。これは(呼吸器)内科を背景に持つ米国の集中治療医だからできる思考パターンだと思います。それが、総合診療科上がりの私にはピタリとはまりました。経験できる症例は内科重症疾患をほぼ網羅し、心臓血管外科・脳神経外科といった術後管理にまで広がります。総合内科の一般病床とは独立したローテーションのため、常にICU/HCUに身を置くことができ、刻々と病状の変化するICUのダイナミックさを、余すこと無く経験できました。
この一年で私が得た臨床経験と、JADECOMのメンバーとのつながりは、何事にも代え難いものです。私のように地域で働く医師にこそ、このプログラムでの他流試合を薦めたいです。

お問い合わせ

各種医師研修プログラムについてのお問い合わせはメールにて受け付けております。下記ボタンよりメールでお問い合わせください。
メニュー