当院 総合内科スタッフ3名がSociety of hospital medicine annual meeting 2018に参加しました。

総合内科スタッフの山田 徹 医師江原 淳 医師とチーフレジデント(2017年度)高崎 哲郎医師の3名で米国フロリダ州オーランドで開催されたSociety of hospital medicine annual meeting 2018に参加してまいりました。
各々Research でのポスター発表を行い、現地でDiscussionを行いました。


高崎医師:Retrospective cohort「Perioperative
risk of hip fracture among elderly patients with severe aortic stenosis」


江原医師:Retrospective cohort「Effectiveness of rapid response system to identify critically ill patients in an outpatient setting


山田医師:Pre-Post study「IMPROVEMENT IN POINT-OF-CARE ULTRASOUND IMAGE INTERPRETATION SKILLS IS SIMILAR FOR NOVICEFACULTY VS. TRAINEES AFTER BRIEF TRAINING COURSE

ほか、山田医師はプレコースSHMのPoint of care ultrasound (POCUS)でのハンズオン指導やfaculty の打ち合わせ、Interest groupにも参加しました。
Japanese nightや日本の病院総合診療をアピールするセッションにも参加し、大変充実しておりました。
今後も、どんどん東京ベイGIMは世界の学会に発信し交流していきたいと思います。

◆ 東京ベイ・浦安市川医療センター 総合内科

メニュー