総合内科 フェローシップ・プログラム

  1. ホーム
  2. 総合内科 フェローシップ・プログラム

総合内科について

総合内科部長 平岡 栄治

指導医紹介

プログラムを担当する総合内科医師はこちらからご覧ください

総合内科 フェローシップ・プログラム

目的

当プログラム終了後に、他院で総合内科立ち上げの中心的役割を担うことができる

対象

全国の内科専門研修プログラム・またはそれに準ずる後期研修を修了した医師(卒後6年目以上)

プログラム内容

以下の内容について当科運営チームの一員として指導を受けながら実践する
総合内科の診療チームのリーダーとしてのチームマネジメント
一定期間の当院ICUへのローテートによる集中治療トレーニング
チームリーダー修了後はチームリーダーをまとめる指導医としての教育的立場
各種レクチャー・カンファレンスなど研修医教育に関わる年間計画策定や運営マネジメント
臨床研修の評価とフィードバックの手法を学ぶ
当院の救急科・循環器科・腎臓内科・消化器内科・集中治療科・外科などとのコラボレーションによる各種勉強会・講習会の企画立案・運営
JADECOMの指導医陣によるFaculty Developmentの受講・発表
地域の病院で短期間指導医として研修医指導やシステム構築・マネジメントなどの実践を積む
各学会発表・論文や原稿の執筆(指導医による指導あり)

期間

原則2~3年のコースで数種類のパターンを用意しております。有意義なプログラムにアレンジする為、詳細については当科スタッフより直接ご説明させていただきます。

募集要項

総合内科 フェローシップ・プログラム募集要項←こちらをクリック。

フェローの声

遠藤慶太

略歴:2011年 旭川医科大学卒業。手稲渓仁会病院で3年間の初期研修修了。2014年より当院総合内科後期研修プログラム所属。2016年度総合内科チーフレジデントを務める。2017年4月より当院総合内科フェローシップ所属。

私は、総合内科医になりたいというやや漠然とした思いで初期研修先を選びました。その後のキャリアプランに迷いがありましたが、日本版のホスピタリストとしての研修ができる当院の魅力を見学時に感じたため後期研修を専攻しました。実際見学した時の印象通り、内科の平岡部長をはじめ内科外科問わず魅力的な指導医がたくさんおり、レクチャーいただける機会はもちろんのこと実臨床でご相談させていただく機会も多く、とても勉強させていただきました。

私自身、今後のホスピタリストとしてのキャリアプランとして臨床・研究・教育の中では特に教育に興味があります。当院のフェローシップでは臨床にどっぷり浸かる期間ももちろんのこと、モチベーションの高い初期・後期研修医の指導をする機会、そしてその指導方法を内科スタッフの先生方から学ぶ機会が多く、うってつけだと感じました。

実際フェローシップとして働き出してみると、臨床だけでなく、教育・研究・執筆はもちろん、運営やマネジメントにかかわらせていただく機会も格段に増え、新しい視点を学ぶことができ日々勉強させていただいています。尊敬できる仲間や先輩・後輩に必ず出会える素晴らしい環境であり、総合内科を学びたい方にとって得られるものが多いと思います。興味のある方はぜひ見学にお越しください。一緒に学びましょう!

松尾裕一郎

略歴:東京大学出身。諏訪赤十字病院で初期研修を実施し、2015年より東京ベイ浦安市川医療センター総合内科で後期研修。
2017年度総合内科チーフレジデント。2018年度より総合内科フェロー。

多くの臓器にまたがる問題を抱える患者さんが増える中、それらの問題をすべてまとめて管理できる総合内科医の需要は、今後日本でも間違いなく増してきます。当院総合内科は米国式の内科入院診療システムを取り入れることで、総合内科医が必要に応じ臓器専門医と協力しながらほぼ全ての内科系入院患者の診療にあたる体制となっています。それにより総合内科医、またジェネラリストとしての意識を持った臓器専門医を育成するのに非常に適した環境となっていると感じます。私もその環境の中、当院総合内科で3年間の後期研修を行いました。日本の中ではまだ珍しいシステムであり特有の苦労もありますが、この環境で研修ができて幸運だったと思っています。

後期研修終了後も総合内科医としてキャリアを続けることに決め、いずれ自分が新しい総合内科医を育てていく立場になることを考えた時、先進的で魅力的なこの病院の総合内科研修プログラムから学べることがまだまだあると考え、フェローとして引き続き所属することに決めました。
フェローとなりレジデントの教育、総合内科部門全体のマネジメントに関わる機会が増えてきました。そういったなかなか教わりづらい点についても上級医からのフィードバックがあり、同じ病院に所属しながらも次のステップに進んでいることを実感します。

臨床面でも専門分野に捉われず自己研鑽を続ける先輩、同期、後輩医師から受ける刺激は大きく、卒後6年目となっても日常の診療やカンファレンスの中で日々学びがあります。

これまでも総合内科医としての道を歩まれて来た方、臓器専門医として活躍されていた方、様々な経験をお持ちの方が集まることでより良い東京ベイの総合内科部門となっていくと思います。皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

鎌田太郎

略歴:2012年徳島大学卒。兵庫県立淡路医療センターでの初期研修修了後、同院にて循環器内科を専攻。2018年4月当院総合内科フェロー。

私は初期研修修了後、循環器内科を専攻し2018年度より当院総合内科フェローシッププログラムに所属しています。

前任地は高齢化率35%と20年後の日本を先取りする超高齢化地域であり、その地域の中核病院として、循環器内科を含めた内科診療を行っていました。高齢者は複数の併存疾患を持ち合わせていることが多く、臓器別の専門家だけでは治療は困難です。そして個別の病態の治療のみならず、全身機能や生活機能を考えて今後の方向性を決定する必要があります。そのような環境で診療を行っているとまだまだ自分には総合内科力が不足していると感じる事が多くありました。その修練の場として東京ベイが最適と考え、この総合内科フェローシッププログラムに応募いたしました。

当院では総合内科が主治医として全内科入院患者を受け持ちながら、各臓器別のsubspecialtyと協力して一人一人の患者さんを診ています。良好なoutcomeを得るためにはお互いの分野に対する深い知識や理解がなければいけませんが、当院ではその土台ができあがっています。東京ベイ総合内科では全人的な医療を行えるホスピタリストの育成を掲げておりますが、このためには臨床のみならず教育・研究活動も重要です。その3本柱の高さ・バランスが非常に優れているのが当院の特徴ではないでしょうか。

当院には素晴らしいハード・ソフトの両面が揃っています。この恵まれた環境で一人でも多くの皆さんと一緒に働けることを楽しみにしております。

安田圭吾

略歴:鳥取大学出身。山陰地方で初期研修を行い、2014年から4年間、横浜市立みなと赤十字病院で消化器内科の後期研修を修了。2018年度より総合内科フェロー。

私は初期研修の後、横浜の病院で4年間、消化器内科医として勤務しておりました。
一通りの内視鏡手技が身につき、病院の環境やスタッフにも慣れ、とても働きやすい職場でしたが、そこを離れてでも東京ベイで学びたいという強い原動力がありました。
それは「無力感」です。消化器内科医として患者さんを診る中で、純粋に消化器疾患だけを持っている患者さんは稀です。患者層はやはり高齢者が多く、心不全や心房細動の既往があり抗凝固薬を内服していたり、胃潰瘍の治療中に脳梗塞を発症したり、抗がん治療中に間質性肺炎を発症する症例など、多岐に渡ります。
専門科の医師として勤めていても、専門科の知識のみでは治療が完遂できないのです。その都度、私はその場しのぎの対応を行い、無力感に苛まれていました。

東京ベイではそういった悩みを持つことはありません。総合内科医のみならず、各専門科医師もGeneralist・Hospitalistとしての知識を持ち、同じ視点を持って治療にあたっています。
東京ベイ・総合内科での研修は間違いなくハードです。けれど、同じ目標をもって、自分以上に頑張っている仲間とたくさん出会えます。指導医の先生方は皆優しく、燃え尽きないギリギリのラインで負荷をかけてくれ、サポートもしてくれます。これを見たあなたが、私たちの仲間になってくれることを楽しみにしています。

メニュー