大腸カメラは奥が深い?〜「痛みのない検査」をモットーに〜

「便潜血陽性」

健康診断でこの結果が帰ってきた人は結構いるのではないでしょうか。これを病院に持っていくとおそらくあなたは「大腸カメラを受けましょう」と勧められます。初めての方は、大腸カメラ?どんな検査?痛いの?と思われるかと思いますが、ここではそんな疑問に答えつつ、当院での取り組みを紹介していこうと思います。

大腸カメラってどんな検査なんだろう?

大腸カメラの正式名称は下部消化管内視鏡検査です。肛門から直径約11mmのスコープを挿入し、空気を入れながら腸管を膨らませて、先端についているカメラで大腸全体を観察する検査です。腸管内をカメラで直接観察することでCTやMRIでは指摘できない小さな病変を早期に見つけたり、今までは外科的手術でしか治療できなかった病変を、お腹に傷をつけることなく治療できたりするようになりました。

腸内を直接観察できる!

大腸カメラの最大の利点は、腸管内を直接見ることができる点です。健康診断で便潜血が陽性だった、お腹の痛みが続いている、血便が出たなどを理由に大腸カメラを施行した際、我々はカメラを通して粘膜の状態を観察し、症状の原因を調べます。上記にも書いたようにCTやMRIでは見えないような数mm単位の病変も診断でき、また肉眼的に診断がつかない場合でもその場で組織を採取(生検)することで、病理検査で診断に結びつけることができます。大腸カメラの発達により、今までは診断できなかった病変をより早期に、高精度で診断できるようになりました。

「見るだけ」ではない大腸カメラ

大腸カメラは観察するだけの検査ではありません。潰瘍や憩室から出血があれば、スコープのカメラ横にある穴から専用デバイスを挿入して止血し、大腸ポリープがあれば内視鏡的ポリープ切除も行います。大腸癌であっても早期に発見すれば、昔は外科手術でしか取れなかった病変も、今では内視鏡的に切除することもできるようになりました。これらの処置は基本的には痛みを感じることはなく、日帰りや短期間の入院で治療を完結することができるというメリットがあります。

検査の流れは?

実際の検査の流れとしては、食事は前日の21時までに消化に良いものを食べていただき、寝る前に下剤を飲みます(ピコスルファート®)。
*病院内のコンビニで検査食(3食セットのクリアスルー)を購入可能です。意外と美味しいですよ。

当日は朝から2Lの透明なジュース(モビプレップ®)を飲んで、腸管内をきれいにします。ここが皆さんにとって大腸カメラを敬遠する最大のポイントかもしれません。しかし、ここで皆さんが頑張って飲んでくださることで、しっかりきれいになった腸管内を我々はくまなく検査することができるのです。また、ジュースの味が苦手という方もいますが、年々味が改良され以前と比較するとだいぶ飲みやすくなっており、冷蔵庫で冷やすと更に飲みやすいという噂もあります。是非試してみてください。当院ではジュースを飲むのに自信がないという方に「院内モビ」といい、朝早く来ていただき看護師の協力のもと準備するという、皆さんが安心して検査に臨めるような体制を整えています。

いよいよ準備ができたら検査の時間です。痛み止め(鎮痛薬)と腸管の動きを抑える薬(鎮痙薬)を投与した上で検査を行います。検査時間は観察のみであれば30分前後ですが、精査や治療が必要な場合は手技に合わせて変わっていきます。空気を送り込んで腸管を膨らませながら観察していきますが、当院では空気の代わりに二酸化炭素を使用しており、これにより検査後もガスが早く抜け検査後のお腹の張りが早く良くなるように工夫しています。我々は「痛みのない検査」をモットーに行っていますが、手術歴があってスコープが入れにくかったり、どうしても痛みを感じやすい方に対しては検査中に鎮静剤を追加投与することも可能です。これを使用することによって、検査中は寝ていただき、目覚めたら検査が終わっているということも可能です。ただし、車や自転車で帰ることはできないことに注意してください。

まとめると…

大腸カメラは腸管内の病気を早期に診断し、低侵襲で治療も行うことができる検査です。特に癌などは早く診断することで内視鏡的に取り除くことができたり、根治率や治療方針も変わってくるので、健康が気になる方や、気になる症状がある方は大腸カメラを受けてみると良いかもしれません。
(とはいえ、大腸カメラが万能なわけではなく、それぞれの検査・治療にそれぞれの強みがあるので、どの検査を受けるかはかかりつけの医師と相談していきましょう。)

こんな人は検査を受けましょう

#50歳以上だけど一度も検査したことがない
#大腸がんの家族歴がある
#過去にポリープを指摘されたことがある
#便潜血陽性
#腹痛が続く
#便に血がまじる
#下痢が止まらない

メニュー