心臓弁膜症と診断されました。(2)

胸が苦しくなり病院で心臓の超音波の検査をしたら心臓弁膜症と診断されました。突然言われたのでとても心配になっています。日本人に多い病気なのでしょうか。どのくらいの割合でかかる病気ですか。

[回答]

弁膜症と突然言われると心配になりますね。この病気には適切な対応で管理することが必要です。心臓弁膜症は、軽いものから重いものまで含めますと、100人のうち2-3人程度にみられます。また、高齢になればなるほど、弁膜症の割合は増えて行きます。重症に進行した場合には心臓手術が必要になることがありますが、それまでは循環器内科での定期的に経過を観察し、手術時期や方法を見極めることが必要です。心臓弁膜症が疑われた場合や、今まで言われたことがある場合には、当院をはじめ弁膜症の専門家がいる循環器内科へ御相談下さい。

メニュー