「その鼻血、どう止める?」~救急医が鼻出血の正しい初期対応を教えます〜

こんにちは!東京ベイ・浦安市川医療センター救急外来部門です。
今回は悩まされたことがある方も多い「鼻血」について、お家でできる対処法や、病院受診のタイミングなどについてお話していこうと思います。

鼻血はとてもありふれたトラブルであり、なんと60%もの人が生涯のうちに1度は経験すると言われております。ご自身で止められることも多いですが、自分で対処しても止められなかった、止まったけれど何回も繰り返したといった理由で病院を受診されることが多いです。
鼻出血の原因としては以下のようなものがあげられます。

  • 鼻ほじり、鼻いじり
  • 高血圧や血液をさらさらにする薬(アスピリンやワルファリンなど)
  • 粘膜の乾燥や炎症
  • 頭、顔、鼻の怪我

・鼻血はどこから出るの?

日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会より一部画像を改変、引用:http://www.jibika.or.jp/citizens/daihyouteki/bika.html

鼻の前の方に多くの血管が集まる「キーゼルバッハ部位」という部分があります(図の赤い丸)。場所は鼻の入り口から1cm程度奥になります。この「キーゼルバッハ部位」は多くの血管が集まるため出血することが多いと言われています。

・正しい鼻血の止め方!

鼻血が起こった場合はまず鼻を両側から強く押さえます。「鼻の下1/3(キーゼルバッハ部位)」を押さえるのがよいと言われています。写真のように両方の鼻を左右から挟んで潰すような感じがイメージしやすいかもしれません。

同じ位置でしっかり15分ほど鼻を押さえ続けます。重要なことは、途中で指を離して確認することなく、15分続けて力を弱めず押さえ続けることです。止まったのか確認しようと指を離すと、なかなか血が止まってくれません。

また、押さえる際は顔を下に垂れるようにするほうがいいです。血液を飲み込んでしまうことで気持ち悪くなることがあります。もし口の中に垂れ込んできたら飲み込まずそのまま口から吐き出しましょう。

鼻を押さえて鼻血が無事止まった場合は、多くの場合特に病院を受診する必要はありません。しかし、鼻血が出る頻度が多いと感じる場合には昼間に耳鼻科受診するのをおすすめします。稀に出血しやすい病変や「がん」がみつかる場合もあります。

・それでも鼻血が止まらなかったら…?

鼻を15分押さえ続けた後も鼻血が止まらない場合は病院の救急外来を受診しましょう。昼間であれば耳鼻咽喉科クリニックでもよいですし、夜間や休日であればお近くの救急外来を受診してください。

病院を受診された場合、鼻を押さえる以外の手段を使って鼻血を止める場合があります。
鼻に止血薬を染み込ませたガーゼを詰めることが一般的に多いです。しかし、それでも出血がおさまらない場合は専門的な処置が必要になります。具体的には出血している部位を焼灼するなどを行います。

さいごに

鼻血(鼻出血)は、受診するか、もう少し家で様子を見るか、皆さん悩まれることが多い症状ですが、ご不明な点などありましたら最寄りの医療機関にご相談ください。当院救急外来も24時間365日対応しております。

参考文献
Uptodate: Approach to the adult with epistaxis
Clinical Practice Guideline: Nosebleed(Epistaxis): Otolaryngol Head Neck Surg. 2020; 162: S1-38.

メニュー