心臓血管外科

  1. ホーム
  2. 心臓血管外科

外来診療担当医のご案内

当科の外来担当医表はこちらからご覧頂けます。

新着記事

心臓血管外科の紹介

「神の手」や「最先端機器」よりも手術成功のカギは「チームの力」

手術成功には、的確な診断、スピーディで確実な手術、きめ細やかな周術期管理(手術前後の治療のこと)がすべて必要です。手術だけよくても、診断が間違っていたり、術後管理が適切でないと、よい結果は得られません。それは一人のスーパースターや最先端マシーンでできることではありません。東京ベイのハートセンター心臓血管外科では、個人の高いスキルは当然のことであり、それを最大限引き出すチーム力があります。

「適切な診断」のチーム力

手術が必要でない人や手術を行ってもよくならない人に手術を行うことは、患者さんや社会に害となることです。まず、この患者さんに手術が必要なのか(手術以外の治療で十分な効果が得られないのか)、手術をすることで状態がよくなる見込みはどれくらいなのか、ということをよく検討しなくてはいけません。当院では、必要な検査を行ったうえで、心臓血管外科、循環器内科、麻酔科、集中治療科、リハビリ科などからなる“ハートチーム”でそれぞれの患者さんにとって何がベストな治療かを協議して決めています。毎朝のハートチームカンファレンス以外にも常にスムーズな連携を取ることができ、緊急症例などに対しても迅速な決定ができます。

「スピーディで確実な手術」のチーム力

心臓手術は外科医だけの力ではどうにもなりません。心臓外科医、麻酔医、臨床工学技士、看護師、これら手術に関わる全員が高いスキルを持ち、チームワークを発揮することで、スピーディで確実な心臓手術が可能となります。当院には全国、そして海外からも多くの外科医が心臓手術の見学に来ますが、当院の高い心臓麻酔技術や人工心肺技術は他院の心臓外科医がうらやむほどです。また、総合病院でありながら、心臓手術につく手術室看護師を固定メンバー制にしており、複雑な心臓手術も円滑に行うことができています。

「きめ細やかな周術期管理」のチーム力

心臓手術後は集中治療室(ICU)で術後管理が行われます。当院のICUには、24時間365日集中治療専門の医師が常駐しています。また、心臓手術後患者を担当するICU看護師は心臓チームとして固定メンバーであり、専門性の高い集中治療看護を提供しています。手術を終えて疲弊した外科医が夜通し張りつく精神力スタイルではなく、効率的で無理のないシステムが安全な手術を支えます。
心臓リハビリも充実しており、当院には心臓血管外科専属の理学療法士が5名おり、患者さんの早期回復を支えています。また、当院は多様なエキスパートが在籍する総合病院であり、心臓以外の持病や合併症にも広く対応することができます。

診療内容の特徴

1. 早期退院、社会復帰を可能にする低侵襲心臓手術

当科では、胸骨を温存する低侵襲心臓手術(MICS、ミックス)を積極的に行っています。僧帽弁形成術・置換術、三尖弁形成術・置換術、心房中隔欠損閉鎖術、心房細動手術(メイズ手術や左心耳切除術)は、骨を切らない・折らない・開かない完全内視鏡下手術を行っています。手術創はダヴィンチを用いたロボット手術と同等かさらに小さく、コストは数十分の一です。また、当院に導入している4K内視鏡は、ダヴィンチよりも画質が優れており、心臓の細部までよく見えます。
大動脈弁手術は、直視下の右小開胸アプローチや胸骨を半分だけ切る胸骨部分切開アプローチ、あるいはカテーテルを用いたTAVI (タビ、経カテーテル大動脈弁植込み術)を行っています。TAVI(タビ)は、まさにチーム力が決めての治療です。ハートセンター開設以来ずっと科や職種の垣根を越えて診療をしていきました。まさに「チーム力の東京ベイ」が最も力を発揮できる治療であり、今後の発展にご期待ください。
高度な技術と細やかな周術期管理で、創の痛みの軽減、無輸血または最小限の輸血、早期退院、早期社会復帰を実現します。患者さんのニーズに応えることに加えて、医療コストの削減や患者さんがより早く社会で活躍できるようにすることで、社会にも貢献していきます。

低侵襲心臓手術は体型や心臓・血管の状態によって向き不向きがあり、術前に適応を十分に検討し、無理のない安全な手術を行うよう心がけています。また、どのような治療にも必ず欠点や弱点がありますので、その点を術前に明確に説明します。当科部長の田端は、いち早く2004年からMICS (ミックス)に、2010年からTAVI(タビ)に取り組んでおり、エキスパートとして医師向け講演や大学病院などでの技術支援にも積極的に取り組んでおります。

内視鏡下心臓手術の様子

内視鏡下心臓手術後の手術創(女性の場合、乳房の下を切開するためより創が目立ちません)

2. 自己弁を温存する弁形成術

僧帽弁がめくれ上がることによる僧帽弁閉鎖不全症(逆流症)に対しては、人工弁に交換する手術(弁置換術)に比べて自己の弁を温存する弁形成術のほうが優れている(より長生きできる)ことが分かっています。当院では複雑な形態の僧帽弁逆流症に対しても僧帽弁形成術を行っています。感染による逆流症(感染性心内膜炎)や弁形成後の逆流再発にも積極に弁形成術を行っています。
大動脈弁は僧帽弁と異なり、弁形成術の弁置換術に対する優位性が明らかになっていませんが、若年患者さん(70歳未満)の大動脈弁逆流症には大動脈弁形成術を行っています。二尖弁や一尖弁に対しても大動脈弁形成術を行っています(大動脈弁狭窄症は除く)。

3. 再手術症例、複雑な手術症例、併存疾患のある症例もお任せ下さい

以前に心臓手術を受けられた方の再手術や複数の心臓疾患に対する複合手術、石灰化の強い病変に対する心臓手術など困難な症例にも積極的に対応いたします。また、総合病院の力を活かして心臓以外の持病を持つ患者さんにも手術を行うことが可能です。透析患者さんの心臓手術も腎臓内科と連携して積極的に行っています。
他院にて手術ができないと言われた方も、お気軽にご相談ください。

当科での手術対象となる主な疾患

・大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症
・僧帽弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症
・三尖弁閉鎖不全症、三尖弁狭窄症
・狭心症、心筋梗塞による合併症
・胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤
・急性大動脈解離、慢性大動脈解離、解離性大動脈瘤
・感染性心内膜炎、弁置換術後の人工弁不全、弁形成後の逆流再発や狭窄症
・心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、その他一部の先天性心疾患
・閉塞性肥大型心筋症、心房細動、心臓腫瘍、心臓内血栓、肺動脈塞栓症など
*その他の心臓・血管疾患も気軽にご相談ください。
*下肢静脈瘤は対応しておりません。

外来診療、セカンドオピニオン、オンライン外来、病院連携

毎週火曜日、水曜日、木曜日の午前に初診外来を行っています。当科外来では、心臓や大動脈の手術が必要と言われたことがある(または手術が必要かもしれないとご心配の)患者さん、他院からご紹介の患者さん、心臓手術後の患者さんを診療いたします。

心臓と大動脈の手術に関するセカンドオピニオンも随時対応しております。セカンドオピニオンは診察室での対面外来だけでなく、自宅にいながら受診できるオンライン外来も行っております。万が一当科で最良の治療が行えない場合は、信頼できる外科医と病院をご紹介いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

また遠方からいらっしゃる患者様には、なるべく通院の負担を減らせるよう初診日に合わせて検査や入院を予約することができます。遠方からの来院時には心臓血管外科の医師事務までお気軽にお電話ください(病院代表 047-351-3101から心臓血管外科・医師事務へ)。

手術後は、地域のかかりつけ医と密に連携を取り、患者さんの退院後の健康をサポートしていきます。東京駅・大手町駅直結の榊原サピアタワークリニックにて、当科部長の田端が毎月第一金曜日の午後に外来を行っています。都内・遠方の方はそちらもご利用ください。

文責:田端 実

スタッフ紹介

田端 実

心臓血管外科部長
慶應義塾大学 非常勤講師
杏林大学 非常勤講師
東京慈恵会医科大学 非常勤講師
聖マリアンナ医科大学非常勤講師
虎の門病院循環器センター外科特任部長

伊藤 丈二

心臓血管外科 医長

小谷 真介

心臓血管外科 医長

森村 隼人

心臓血管外科 医員 (シニアフェロー)

柳澤 裕美

心臓血管外科 医員 (フェロー)

原 亮太

心臓血管外科 医員 (フェロー)

重冨 杏子

心臓血管外科
主任診療看護師

吹田 耕治

心臓血管外科
診療看護師

三浦 良子

心臓血管外科
診療看護師 (研修中)

当科の卒業生

稲葉 雄亮

杏林大学

当科在籍 2019年4月〜2020年3月

中永 寛

虎の門病院

当科在籍 2017年4月〜2019年5月

平岩 伸彦

当科在籍 2013年10月〜2015年9月、2017年10月〜2019年3月

西田 秀史

Chicago University (USA)

当科在籍 2018年10月~2019/1月

河野 裕志

Brigham and Women's Hospital (USA)

当科在籍 2013年10月〜2018年6月

渡邊 隼

Lampang Hospital (Thailand)

当科在籍 2016年7月〜2018年3月

中塚 大介

St. Vincent Hospital (Australia)

当科在籍 2015年4月〜2017年7月

日尾野 誠

St. Michael Hospital

当科在籍 2016年4月〜2017年3月

星野 理

心臓血管研究所付属病院

当科在籍 2014年10月〜2015年6月

川堀 真志

Brigham and Women's Hospital (USA)現在はTufts Medical Center (USA)

当科在籍 2013年9月から2014年6月

診療実績

学術業績

施設認定

学会・協議会名施設認定
日本ステントグラフト実施基準管理委員会胸部ステントグラフト実施施設認定
日本ステントグラフト実施基準管理委員会腹部ステントグラフト実施施設認定
三学会構成日本心臓血管外科専門医認定機構基幹施設
経カテーテル的大動脈弁置換術関連学会協議会実施施設
経カテーテル的大動脈弁置換術関連学会協議会経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)専門施設
日本循環器学会経皮的僧帽弁接合不全修復システムの実施施設

当院の施設認定一覧はこちら

当院ハートチームによる心臓病診療の紹介

経皮的末梢動脈形成術

内服治療で改善が見込めない場合や重症な状態であるときなど、多くの病変が適応となっ…

経皮的腎動脈形成術

腎動脈の狭窄を解除する治療法は、現在では侵襲の少ないカテーテルによる風船治療やス…

心筋シンチグラフィー

心筋シンチグラフィーは、心筋に集まる特殊薬(放射性医薬品)を注射して心臓に血液が…

心電図

心電図検査は、心臓の電気的な活動の様子を記録することで、心疾患の診断と治療に役立…

心臓MRI

MRI(磁気共鳴画像診断法:Magnetic Resonance Imaging…

心臓CT

心臓CTとは、造影剤を使用して冠動脈やその他の心臓や血管の形態を評価する検査のこ…

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査は狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、また心不全・弁膜症などの…

心不全

心不全とは、『心臓の働きが低下した結果、体に問題が起こっている状態』を表しおり、…

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症とは、動脈硬化により足の動脈に狭窄や閉塞をきたす病変をいいます。…

腎動脈狭窄症

腎臓の動脈が狭くなる病気を腎動脈狭窄症といいます。高血圧の原因を詳しく精査するこ…

大動脈疾患

1. 急性大動脈解離 病気について 大動脈解離とは、体の中の一番太い血管である大…

不整脈

不整脈とは、心臓のリズムが異常になるものをいいます。不整脈には、自覚症状を伴わな…

当院ハートチームの紹介はこちら

ハートセンターの詳細ページはこちらからご覧ください。

近くても、遠くても、心臓血管治療が必要な方をいつでも診療いたします

私たちのハートセンターでは救急科と連携して、心臓救急治療に迅速に対応できる体制を24時間365日完備しております。命にかかわる病気である心筋梗塞、大動脈瘤破裂や大動脈解離などの急性大動脈疾患にたいして、早期治療により助かる患者様を確実に助ける、それが我々の重要な使命です。緊急時搬送手段は様々です。当ハートセンターでは、近くても遠くても、救急車からドクターヘリまで受け入れ実績があります。

東京ベイから全国へ最先端医療の情報発信をして行きます

私たちハートチームが第一に考えているのは、目の前の患者さまと向き合い、心臓や血管の病気からお守りしたいということです。そのために、地域の医療を大切にするとともに、遠方からの期待にも応えます。これまでも、そしてこれからもドクターカーからドクターヘリまで期待に応え、市民公開講座やミニ循などで、真摯に活動して参ります。
それと同時に、私たちハートセンターが現実にとどまること無く前進するために、臨床成果をアカデミックな立場で継続し、価値ある情報を積極的に国内外に発信します。私たちハートセンターは、心臓血管治療における国内外の有名施設で十分な研鑚を積み、あるいは指導的立場であった医師やコメディカルたちが集まり、ハートチームを形成しています。それぞれのメンバーが国内外の様々な場でチームとして情報発信します。さらに、与えられた場だけでなく、自ら学ぶ場を作り発展させることで、世界の医療に貢献したいと考えています。

メニュー