心房中隔欠損症(ASD)に対するカテーテル治療

  1. ホーム
  2. 心房中隔欠損症(ASD)に対するカテーテル治療

心房中隔欠損症(Atrial Septal Defect: ASD)とは

心房中隔欠損症は、成人で発見される先天性心疾患では大動脈二尖弁に続き二番目に多い疾患です。全身に血液を送る役割を果たす心臓は、4つの部屋に分かれていますが、このうち左心房と右心房を仕切る壁が心房中隔と呼ばれます。この心房中隔に穴が開いたままで、異常な血流が心臓の中で流れている状態が心房中隔欠損症です。左心房から右心房に血流が流れるため、右室側に負担がかかり、心不全や心房細動という不整脈、また進行すると肺の血管の圧が上昇する肺高血圧をきたします。その結果、息切れ・動悸・むくみなどが出現し、適切な治療が行われなければ通常症状は進行していきます。また、足の静脈にできた血栓が心房中隔欠損孔を通り、脳梗塞をきたすことがあります。

イラスト提供:Abbott

治療適応

ASDにより息切れやむくみなどの症状がある場合、不整脈や肺高血圧を来している場合、また心臓超音波検査で肺体血流比✳︎が1.5を越えるような場合にはASD閉鎖術の治療適応となります。肺高血圧が進むと、右心系の圧の方が左心系の圧より高くなり、血流が右心房から左心房に流れるようになることがあり、この状態をEisenmenger(アイゼンメンジャー)症候群と言います。ここまで進行してしまうと、ASDを塞ぐ治療がかえって状況を悪化させてしまう可能性があり、治療は困難になります。そのため、症状が悪化してくる前に治療することが重要です。ASDを塞ぐタイミングが早いほど長期予後が改善するとも言われています。
(✳︎肺と体を流れる血流量の比で、正常は1.0)

治療方法

従来ASDの治療は開胸手術が主流となっていました。しかし、2005年より本邦でもカテーテル治療が可能となりました。カテーテル治療の成績は開胸手術の成績と遜色なく、低侵襲の治療として徐々に件数が増加してきています。現在(2019年末)、全国77施設でカーテル治療が可能ですが、当センターでもカテーテル治療を取り入れており、最短二泊三日での治療が可能です。欠損孔の大きさ、位置、合併疾患によってはカテーテル治療が困難な場合もあり、当センターハートチームによる入念な検討により判断を行います。
また、当センター心臓血管外科では低侵襲手術(MICS)によるASD閉鎖術も行っており、複数の治療選択肢より最善で確かな低侵襲治療を提供しています。

カテーテル閉鎖術
・閉鎖栓デバイス
・超低侵襲に閉鎖

低侵襲手術(MICS)
・完全内視鏡下手術
・確実な閉鎖

カテーテル治療入院の実際

当センターでのASDに対する標準的なカテーテル治療入院の流れを示します。

【入院1日目】
手技前日に入院します。
全身の状態を確認させていただいた後、改めて治療の説明を行います。

【入院2日目・治療】
全身麻酔であるため、朝、または昼から絶食・点滴となります。
治療はカテーテル室で行います。
全身麻酔後、経食道心エコーで心臓内の様子を観察しながら施行します。手順は以下の通りです。

①大腿静脈からシースを挿入し、ASDを越えてシースを左房側へ挿入する

②閉鎖栓を左心房にあるカテーテルの先端まで進めて、左心房側のディスクを開く

③閉鎖栓の中心部を広げて欠損孔に近づける

④閉鎖栓中心部の位置に合わせる

⑤右心房のディスクを開く

⑥閉鎖栓を前後に動かし、簡単に外れず確実に留置されていることを確認した後、接続を解除して終了

イラスト提供:Abbott

⑦治療前後の変化は以下のようになります。

経食道心エコー図

3次元 経食道心エコー図

治療後、右大腿の穿刺部位は圧迫止血していますが、数時間で圧迫を外すことができ、以降は歩行可能です。

【入院3日目】
治療翌日であり、必要に応じて採血、心電図、胸部レントゲン、心臓超音波検査を行い、大きな問題がないことを確認します。
特に問題なければ同日退院です。なお、上記日程は標準的な予定を示しており、実際は状態に合わせて変更させる場合があります。

ASD治療プロトコール

当センターでは、ASD患者の治療を進めていく上で、プロトコールを導入しています。ASD患者が来られたら、まずASDが治療適応にあるのかを判断し、治療適応がある場合は解剖学的評価や合併する心疾患がないかを評価し、なるべく低侵襲かつ確実な治療方法を決定します。
重要なことは、低侵襲にこだわることだけではなく、安全・確実な治療を行うことです。当センターハートチームでは、それぞれの患者にとってどの治療が最適かを常に協議し、治療後のリハビリや内服調整、退院後のフォローまで責任持って行います。ASDの治療についてお考えの場合は、いつでも気軽にご相談下さい。

医師紹介

小船井 光太郎

おぶない こうたろう

循環器内科部長
経皮的心房中隔欠損閉鎖術 認定実施医

高藤 広弥

たかふじ ひろや

循環器内科医長
経皮的心房中隔欠損閉鎖術 認定実施医

渡辺 弘之

わたなべ ひろゆき

ハートセンター長
心エコー図検査、心血管イメージング担当

菊地 慶太

きくち けいた

心臓血管外科 副部長
低侵襲心臓手術(MICS)施行医

当センターハートチームによる心臓病診療のご紹介

心臓病の診断から治療

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は、冠動脈が狭くなったり詰まったりすることで心臓の筋肉への血液の供給が不足し胸痛などの症状をきたす疾患です。このような疾患の治療法のひとつとして、冠動脈インターベンション(心臓カテーテル治療)があります。

狭心症・心筋梗塞

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は、冠動脈が狭くなったり詰まったりすることで心臓の筋肉への血液の供給が不足し胸痛などの症状をきたす疾患です。このような疾患の治療法のひとつとして、冠動脈インターベンション(心臓カテーテル治療)があります。

心エコー図

心エコー図検査とは超音波を利用することで心臓の形態や機能を評価する画像診断法です。当センターの心エコー図検査室は、経胸壁心エコー図検査をはじめ各種心エコー図検査を熟知した複数の専門医師および専門技師が繰り返し検査を評価するため常に質の高い心エコー図検査を提供することができます。

TAVI(経カテーテル大動脈弁植え込み術)

心臓の出口である大動脈弁が硬くなって、出口が狭くなる病気、それは大動脈弁狭窄症です。重症の大動脈弁狭窄症は命にかかわる病気であり、最も確実な治療は人工弁に置換する手術(大動脈弁置換術)です。TAVI(タビ)は、心臓以外の病気を抱えていたり、体力が低下していて手術に耐えられないような大動脈弁狭窄症の患者さんに対する最新治療です。

低侵襲心臓手術(MICS、ミックス手術)

心臓血管外科では、胸骨を切らない低侵襲心臓手術(MICS、ミックス)を積極的に行います。僧帽弁形成術・置換術、三尖弁形成術、心房中隔欠損閉鎖術、心房細動などの手術(メイズ手術)は、骨を切らない・折らない・開かない完全内視鏡下手術を行っています。大動脈弁の手術は、直視下の右小開胸アプローチや胸骨を半分だけ切る胸骨部分切開で行っています。

大動脈弁手術(大動脈弁形成術・置換術)

大動脈弁に重度の狭窄や逆流が生じると、薬での治療が困難になってきます。そもそも狭窄や逆流そのものは薬では改善しません。そのような場合は手術あるいはカテーテルの治療が必要になります。大動脈弁の手術には、大動脈弁置換術と大動脈弁形成術があります。

経皮的末梢動脈形成術

内服治療で改善が見込めない場合や重症な状態であるときなど、多くの病変が適応となっ…

経皮的腎動脈形成術

腎動脈の狭窄を解除する治療法は、現在では侵襲の少ないカテーテルによる風船治療やス…

心筋シンチグラフィー

心筋シンチグラフィーは、心筋に集まる特殊薬(放射性医薬品)を注射して心臓に血液が…

心電図

心電図検査は、心臓の電気的な活動の様子を記録することで、心疾患の診断と治療に役立…

心臓MRI

MRI(磁気共鳴画像診断法:Magnetic Resonance Imaging…

心臓CT

心臓CTとは、造影剤を使用して冠動脈やその他の心臓や血管の形態を評価する検査のこ…

当センターハートチームのご紹介はこちら

ハートセンターの詳細ページはこちらからご覧ください。

近くても、遠くても、心臓血管治療が必要な方をいつでも診療いたします

私たちのハートセンターでは救急科と連携して、心臓救急治療に迅速に対応できる体制を24時間365日完備しております。命にかかわる病気である心筋梗塞、大動脈瘤破裂や大動脈解離などの急性大動脈疾患にたいして、早期治療により助かる患者さんを確実に助ける、それが我々の重要な使命です。緊急時搬送手段は様々です。当ハートセンターでは、近くても遠くても、救急車からドクターヘリまで受け入れ実績があります。

東京ベイから全国へ最先端医療の情報発信をして行きます

私たちハートチームが第一に考えているのは、目の前の患者さんと向き合い、心臓や血管の病気からお守りしたいということです。そのために、地域の医療を大切にするとともに、遠方からの期待にも応えます。これまでも、そしてこれからもドクターカーからドクターヘリまで期待に応え、市民公開講座やミニ循などで、真摯に活動して参ります。
それと同時に、私たちハートセンターが現実にとどまること無く前進するために、臨床成果をアカデミックな立場で継続し、価値ある情報を積極的に国内外に発信します。私たちハートセンターは、心臓血管治療における国内外の有名施設で十分な研鑚を積み、あるいは指導的立場であった医師やコメディカルたちが集まり、ハートチームを形成しています。それぞれのメンバーが国内外の様々な場でチームとして情報発信します。さらに、与えられた場だけでなく、自ら学ぶ場を作り発展させることで、世界の医療に貢献したいと考えています。

メニュー